お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

これでは恋愛対象外! 男子が、思わずドン引きしてしまった女子の趣味4選

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

趣味の話で盛り上がり、男女の距離が急接近する……ということはよくあるものです。しかし、逆に「男ウケ」の悪い趣味だと、恋愛対象外にされてしまうことも。男性にとって、NGな趣味とはどんなものなのでしょうか? 社会人男性のみなさんに「ドン引きした女子の趣味」を聞いてみました。

■ソシャゲー

「スマホアプリのソーシャルゲームにハマっている彼女。デート中や、家で一緒にくつろいでいるときも、隙さえあればスマホを触り出す。『一緒にいるときはやらないで』と言ったら、『レイド(ゲーム上でのイベント)中だから、今日だけはどうしてもクエスト進めないとならない』と真剣な表情で言い返された」(25歳/不動産)

彼があきれてしまうほど、ゲームにハマってしまっているのはNG。中毒性のあるゲームもあるため、夢中になってしまう気持ちもわかる気がしますが……。けじめをつけてプレイしたいものですね。

■おケイコ大好き

「ヨガや料理教室、フラワーアレンジメントなどの習い事が趣味の女性が苦手。そういうところに通っている自分に酔っている感じがするから」(29歳/IT)

お料理教室のような女性的な趣味は好印象なのかと思いきや、そうとも限らないよう。「習い事をしている自分が大好き!」というナルシズムだと受け取られてしまうことがあるようです。

■占い

「元カノが、数万円する占いに通い詰めていたことが判明。しかも、その占い師に別れたほうがいいと言われたらしく、突然『もう会えません』とメールで一方的に振られた」(27歳/アパレル)

占いの結果で突然別れを切り出されてしまったとは、同情してしまいます……。論理的思考を好む男性にとって、占いや風水などの趣味は共感してもらえないことが多そうです。

■BL好き

「彼女の部屋に遊びに行ったとき、本棚のすみに男性同士のヌードポーズ集や、同人誌が束になって置かれているのを見つけてしまいました。おそらく読むだけでなく、自分でも漫画を描いている模様。聞くに聞けなくて、今もモヤモヤとした気持ちを抱えたまま付き合っています」(30歳/建築)

彼女からのカミングアウトを待つか、それとなく聞いてみるか……難しいところですね。BL系の趣味に理解のある男性もいる一方で、「男性をそういう目で見ている」という事実に、少なからずショックを受けてしまうという人も。

ゲームやBL系といったオタク寄りの趣味だけでなく、お料理教室や占いなど女性らしい趣味も敬遠されてしまうことがあることが判明しました! また、趣味を持つこと自体には賛成でも、その趣味によって2人の関係に支障が出る場合には口を挟みたくなるという意見もあります。あなたは、自分の趣味を言ったら異性にドン引きされてしまった経験、ありませんか?

(のでこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]