お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

あんな男、別れて正解だった! 「今考えるとありえない元彼」5選

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

付き合っている間は惚れ込んでいても、時間が経ってからその元彼のことを思い返してみると「なんであんな男と付き合ってたんだ!?」と感じてしまうこともありますよね。今となっては、もはやなかったことにしたいと思ってしまうような元彼のエピソードを、女子のみなさんに教えてもらいました。

■会社をサボる男

「もう20代後半なのに、仕事をサボったり、午前欠勤したりすることが多かった彼。ある日、彼とけんかをしてしまった翌日に『お前とけんかしたから今日は休んだ』とメールが来たことも。そんな理由で休むなんて社会人としてありえないし、今となっては本当に別れてよかったと思います」(29歳/広告)

社会人としてのマナーと責任感は、最低限持っていてほしい部分。仕事へのやる気がないと魅力も半減してしまいますよね。

■1円までワリカンする男

「同い年だった元彼とのデートは、だいたいいつもワリカン。当時は、年齢もタメだし、いいかなと思っていました。でも、毎回デート終わりにその日のレシートを並べて電卓で1円単位まで請求してきたのを思い出すと、今でも情けなくなります」(26歳/小売)

ワリカンはいいとしても、1円単位まできっちり分けるとは……。楽しかったデートの気持ちも一気に冷めてしまいそう。

■慰謝料を請求してくる男

「彼と別れ話になったときに『別れる慰謝料として払って』と言って、今まで彼が私にくれたプレゼントの金額を請求されたんです。リングや、ブレスレットなどのアクセサリー類、合計で数万円分」(25歳/銀行)

こちらもお金がらみのドン引きエピソード。「もらったものをすべて彼の家に送り返して、連絡を絶った」そうです。いい思い出までもかすんでしまいそう。

■ノーメイクだと怒る男

「おしゃれが好きで、センスのよい彼だったのですが、その分、私の服装やメイクにも注文をつけてくることがたびたびありました。お泊まりの翌日にすっぴんでいたら、『メイクしろよ』と言ってくるほど。買う服も、全部彼の許可を取らないといけなかった」(26歳/IT)

彼がおしゃれだとうれしいですが、あまりに口うるさかったり、指図をしてくるようだとストレスになってしまいますね。

■料理にダメ出ししてくる男

「私の作る料理に、いちいち文句をつけてくる元彼がいました。ある日、風邪で寝込んでいる彼のためにスープを作って行ったのですが、『こんな油っぽいもの、風邪引いてる人に食べさせるか普通?』と言って口をつけず、タッパーごと流し台に放り込んだんです。一週間後、そのまま放置されたスープが腐っているのを発見し、別れを決意しました」(30歳/マスコミ)

気持ちを込めて作った料理を、そんなふうに扱われるなんてショックですね!

今思うと、なぜあんなダメンズと付き合っていたのか……、と自分に問いたくなるような恋愛ってありますよね。しかし、そのような経験を経て、外見だけでなく内面で相手を選ぶようになったり、自分と合う価値観やライフスタイルの男性がどんな人なのかを客観的に見られるようになったという人も多いようです。あなたの過去の恋愛にも、“ドン引きレベルの元彼”はいますか?

(のでこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]