お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞いた! 「結婚する上で一番譲れないこと」ランキング

恋愛時代とは違って、結婚には「生活」が直結しているもの。それだけに、お互いの価値観を共有することが夫婦円満の秘訣(ひけつ)のようです。では、それら価値観の中でも、これだけは譲れない!というポイントは何……? ということで、今回は男性のみなさんの意見を聞いてみました。

Q.結婚する上で譲れないポイントとは?

「お金・金銭感覚の問題」64.5%

「相手や自分の家族・家柄の問題」8.6%

「子どもの問題」6.5%

「自分や相手の仕事の問題」6.5%

「お金・金銭感覚の問題」を挙げる人が6割を超える結果に。確かに、結婚生活にはお金の使い方が密接に絡んできますよね。では、それぞれを挙げたみなさんの声をチェックしてみましょう。

■お金の使い方は大事

・「金銭感覚が合わないと、絶対にうまくいかないと思うから」(31歳/小売店/事務系専門職)

・「金遣いが荒い相手だと、生活費を使い込まれそうだから」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「同じ屋根の下、暮らしていくとなると、金銭感覚がちがいすぎては生活ができなくなるかも」(22歳/機械・精密機器/その他)

・「結婚したら家計を管理するのは、将来までずっと幸せな生活を送るためにすごく大事だと思うからです」(30歳/通信/技術職)

・「お金は無限にないので、堅実でないとダメ」(32歳/機械・精密機器/技術職)

節約家と浪費家が結婚しても、うまくいく可能性はかなり低いですよね。生活はお金の使い方によって変わってくると言っても過言ではありません。そこが合わない相手とは、円満な家庭を築くのは難しいかも。

■お互いの家族の存在は重要

・「相手の親類と自分の親類の関係でこじれたくないから」(30歳/商社・卸/営業職)

・「親戚や家族との調和に欠けると円満生活の妨げに成る」(33歳/自動車関連/営業職)

・「結婚するとお互いの家のこともいろいろ問題になるから」(31歳/学校・教育関連/専門職)

結婚についてくるもの。それはお互いの家族。特に、依存や干渉をしてくるタイプの家族がいる場合は、もう腹をくくって対処するしかない!? 結婚前にしっかり見極めることも大事かもしれません。

■子どもは大事な存在

・「子どもが一番だから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「今後ずっといるものだから」(27歳/情報・IT/技術職)

・「子どもがいない二人きりの生活は考えられない」(33歳/商社・卸/営業職)

「今後の家族計画をどうするか?」「育児の方向性は?」など、子どものことは結婚する上で無視できないポイントですよね。でも、語っていた理想と、その後の現実が違っていることもあるはず。お互いにどのくらい協力しあえるかということも大事です。

■お互いの仕事は……?

・「経済的に成り立たないと思うため」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「相手に仕事を続けていてほしいから」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

お互い仕事に対する価値観も、結婚生活に大きな影響を及ぼします。専業主婦になりたい女性も多いと思いますが、現実にはなかなか難しいということも。

長く幸せな結婚生活を続けるためには、価値観の共有は欠かせません。でも、100%同じ考えの相手はいないものです。お互いに歩み寄れる相手なら、さまざまな状況にふたりで立ち向かって行けそうですね。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年4月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]