お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

イタタタ! 女子がやらかした恥ずかしいデートの誘い方5選

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

いいな、と思う男子が現れても、なかなかスマートには誘えないという悩みを抱える女子は多いもの。がんばってみても、気合いを入れ過ぎて空回りをしたり、余裕を見せようとして上から目線になってしまったり……。そんな女子がやらかしてしまった「変なデートの誘い方」について聞いてみました。

■いきなりお泊まり?

「気になる彼が久しぶりに連休が取れるという話をしていたので、これはチャンス! と思って勇気を出すことにしました。でも、『どこかに遊びに行こうよ』って言うだけでよかったはずなのに『じゃあ旅行に行こうよ、温泉とか!』と誘ってしまった……。案の定、『泊まりはちょっと』と引かれた」(26歳/販売)

友だち以上恋人未満という微妙な関係のときは、つい焦って変なことを言いがちに。しかし、この女性はその後は無事にお付き合いできたそうです。

■なぜ上から目線?

「おいしいお店の話題で盛り上がっていたら『行ってみたいね』と彼。そこでなぜか私は『一緒に行ってあげてもいいけど?』と上から目線なことを言ってしまった。話も流れたし、関係も深まらず、後悔した」(29歳/建築)

ただひと言、「一緒に行こうよ」と言うだけでよかったのに、なんてもったいない……。

■スケジュール管理?

「どのタイミングで誘おうかと休みの予定を聞いているうちに、『土曜は仕事なんだ、じゃあ日曜は家事やらないとね』と、ただただ相手の生活リズムの確認になっていました。結局、誘うことさえできなかった」(27歳/販売)

相手も空気を察して誘ってくれてもよかったのでは、と思うのですが……。お互いに勇気が出なかったのかもしれませんね。

■言い間違い?

「『今度、水族館に行きませんか』と言おうとしたのに『今度、イカを見に行きませんか?』と言ってしまった。確かにイカもいるけど、どうしてイカチョイスだったのか自分でも謎です」(26歳/化粧品)

イカを見に行こうと誘われて、すぐに水族館を思い浮かべられるか……。誘い文句は一度練習してから言うとよさそうです。

■業務連絡?

「職場の先輩をデートに誘おうとしたときに、年上の人を誘ったことがなかったので、迷った挙句、『ご提案』というタイトルの、まるで企画書のようなメールを送ってしまいました。結果的にはそれがおもしろかったらしく、先輩のほうからデートに誘ってくれた」(25歳/広告)

もしかすると、初々しく思えて好感触だったのかも? ユーモアのわかる先輩、素敵です。

■まとめ

女性から男性を誘うというのはやはり緊張してしまうもの。そんなときについついやってしまった失敗を笑顔で受け止めてもらえると救われるのですが……。あなたは、変なデートの誘い方をしてしまったことはありますか?

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]