お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

励ますのはNG!? 男性が落ち込んでいるときに彼女にしてほしいこと

彼氏が仕事で失敗して落ち込んでいるときには、なんとかしてあげたいですよね。こんなときこそ、試されるのが女子力というもの。でも、実際にどうしたらいいのか戸惑うことも正直あります。そこで、働く男性に「仕事で失敗したりなど、落ち込んでいるときに彼女に取ってほしい行動は?」とアンケートをとってみました。

Q.仕事で失敗したりなど、落ち込んでいるときに彼女に取ってほしい行動は?

第1位 慰めてほしい 35.7%
第2位 そっとしておいてほしい 33.0%
第3位 黙って話を聞いてほしい 25.9%
第4位 叱咤激励してほしい 5.4%

彼氏の性格によって、どうしてほしいかがまったくちがう結果に分かれることが判明しました。では、なぜそうしてほしいのかの理由も聞いてみました。

■慰めてほしい

・「よしよししてほしいです」(33歳/通信/事務系専門職)

・「慰めてもらったほうが元気が出るから。逆にそっとしとかれると、寂しくてイラッとする」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「とりあえず、癒されたいから。さりげなく『頑張ってるよ』とか言ってもらえると、少し元気が出る」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「落ち込むから慰めてほしい。実際に話に同調してくれて、気分が軽くなりました」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「『男のくせに何落ち込んでるの!』と言う人は嫌。男だろうが落ち込む」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「無言で抱きしめてもらってうれしかった」(27歳/金融・証券/営業職)

自分の気持ちを共有して、やさしくされたいと思う気持ちの強い彼氏はこんな対応を望んでいるのですね。やはり男性の本質は甘えん坊さん?

■そっとしておいてほしい

・「人とかかわるのも煩わしい気分なので一人にしてほしい」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「言われると、余計に落ち込むから」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「適当なことを言われると腹が立つ」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「むやみに慰めたり、話をしたりするより、そっとしていてほしい」(26歳/情報・IT/技術職)

・「放っておいてくれるのが一番うれしい」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

ストレスにさらされたとき、女性より男性のほうが一人になっていろいろ考える時間がほしい傾向が強いとも言われています。なかには「一人になって反省するなど考える時間がほしいから。話しかけられて逆切れしてしまったことがある」(30歳/情報・IT/技術職)なんて悲惨なことも。ただ、単に放っておくのではなくて「あなたのことを心配してる」という信号は出しておいたほうがいいかもしれません。

■黙って話を聞いてほしい

・「うんうんと聞いてくれるのがいいです」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「黙ってそばにいてくれて、話を静かに聞いてくれてホッとした」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「話をきちんと聞いてくれたらうれしい。逆にダメ出しされるとカチンとくる」(27歳/医療・福祉/専門職)

彼女に愚痴を言うことに抵抗を感じる男性もいるようですが、話してくれたほうがお互い分かりあえていい点もあるのです。女性たちもそんなときにはひたすら聞いてあげましょう。

■叱咤激励してほしい

・「慰められるより、尻を叩かれたほうがやる気になる」(29歳/情報・IT/営業職)

・「落ち込んだときに、激励のメールが来てうれしかった」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

意外に少数派なのが、叱咤激励を望む男性。いつも元気な人がこれを望んでいるとは限らないので見極めが難しいですね。

<まとめ>

当然のことながら、彼女に望むことは人それぞれ。実はなぐさめてほしいと実は思っている彼氏に「アンタ、がんばんなさいよ!」なんてお尻を叩いちゃったりしたら大変です。とはいうものの、その時の彼氏の様子を見て、望んでいることを察知し、サラリと応えてあげることがモテる女の条件のようです。

(ファナティック)

『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数112件(22歳~34歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]