お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

無印良品の「ごはんにかける」がリニューアル! 冷や汁や鶏飯などより本格的な味わいに

ごはんにかける 宮崎風 冷や汁

良品計画は、無印良品のレトルト商品「ごはんにかける」シリーズをリニューアルし、4月9日から4アイテムを発売した。

【レトルトの常識を覆す!無印良品「素材を生かしたパスタソース」新発売】

同シリーズは、これまで気温の高い地方で夏に主に食べられている食事を現代のスタイルにアレンジした「宮崎風 冷や汁」や「奄美大島風 鶏飯」を展開してきた。今年はさらに満足感のある食べごたえや本格的な味わいを追求してリニューアル。同シリーズの「深川飯」「気仙沼産ふかひれのスープ」も合わせてリニューアル発売した。

「宮崎風 冷や汁」は夏季限定商品。スープにアジのすり身を加え、より本格的な味わいとなった。「奄美大島風 鶏飯」と「深川飯」は具材を増量し、食べごたえをアップ。「気仙沼産ふかひれのスープ」は、気仙沼産のふかひれを100%使用し、スープの味わいも改良した。

価格は「気仙沼産ふかひれのスープ」は500円(税別)。「宮崎風 冷や汁」「奄美大島風 鶏飯」「深川飯」は250円(税別)。

お役立ち情報[PR]