お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

デカ盛りそばを制覇できるか?富士山のようにそびえる埼玉県久喜市「奥会津」の打ち立てそば

「奥会津」の立派な店構え

上野からJR高崎線または東武線で約50分。今回は静かな住宅地が広がる埼玉県久喜市を訪れた。ここにはテレビにもたびたび登場している、有名なデカ盛りの店がある。広い駐車場を持つ一軒家の食事処、日本そば・うどんの「奥会津」だ。

【大みそかの年越しそば……何で食べるの?「そばは切れやすい→その年の災厄をすっぱり断ち切る」】

■デカ盛りとはいえ、”挽きたて、打ちたて、茹でたて”

のれんをくぐると、明るいスタッフに席に通された。和の風情たっぷりの店内には座敷とイス席があり、まだ昼の12時ちょっと手前だというのに、結構、お客さんで埋まっている。

「奥会津」のゆったり寛げる座敷席

奥会津は普通のざるそばでも盛りが多いことで有名だが、今回チャレンジしたのは、ちまたでうわさの「かき揚げそばの大盛り」(1,260円)。これこそ、この店の名物なのだ。

注文してしばらくすると、店の人が崩れないように慎重にそばを運んできた。それを見てびっくり! ”山のよう”とはまさにこのことだ。通常のざるそばの7~8人前はあるそうで、重さはなんと2kg程度! その高々とそびえる姿は、世界遺産の富士山のようである。

「かき揚げそばの大盛り」(1,260円)。堂々の迫力!

そして横の皿の上に乗っているのは、半径30cmはあろうかと思われるかき揚げ。うわさにたがわぬデカ盛りだ。

“そばの山”の高さに度肝を抜かれる

なぜ、こんなすごい姿になったのか、ご主人にうかがった。

「そば好きって2枚、3枚と頼むでしょ。そして2枚分、3枚分支払うことになる。それってなんかみみっちいな、と。いっそ最初から大盛りにしちゃえ! って思ったわけです。お腹いっぱい食べてほしいですしね。そうこうするうちにお客さんが驚く顔が楽しくなってきて、だんだん量が増えて言っちゃったわけです」

デカ盛りといっても、食材や作る手間暇をけちっているわけではない。厳選した粉を使い、挽きたて、打ち立て、ゆで立てを提供。つゆにも数種のダシを使い、しっかりと作っているのだ。

「うちのモットーはなんといっても手作り。手をかけたおいしいものをお腹いっぱい食べてもらいたい、それだけなんですよ」とご主人は語ってくれた。

■お持ち帰り用パックがありがたい

その心意気を感じながら、早速いただくことに。そばはコシがあり、香りのいいつゆは、テーブルにおかれたポットからおかわり自由となっている。

テーブルに置かれたつゆもデカい

何より感動したのはかき揚げだ。野菜とともにイカ、エビが入り、歯ごたえはまさにサクッ。これだけ大きいかき揚げを、こんなにサクッとおいしく揚げるとは、どんな技術なのか考えてしまうほど。かき揚げの甘さと、そばの風味が絶妙にあい、箸はどんどん進む。

かき揚げがサックサク

しかし随分食べたはずだが、山はなかなかなくならない。若干きつくなってきたな、と思ったらつゆに薬味を加えよう。うずらの卵、わさび、ネギなどの薬味は、最初から一度に入れるのではなく、ちょっとずつ味に変化を付けていくのがコツのようだ。

途中、薬味でつゆの味に変化をつける

しかしそれでも、一向にゴールにたどりつく気配はない。中継地点さえ遠く感じる。がんばっているのに、まだ五合目あたりだろうか。男性でも食べきることのできる人はめったにいないとのことで、新米デカ盛りライターには登頂することができなくても無理はない。

残念ながらギブアップとなりました……。

食べものを残してしまうなんて、食材にも作ってくれたご主人にも申し訳ない。そう思っていると、店のスタッフがパックとビニール袋を持ってきてくれた。

「どうぞ、残りはお持ち帰りになってください」

よく見るとこのお店、柱にも「自由にお使いください」とビニール袋がかけられている。なんでも、残した人がお持ち帰りできるよう、パックやビニール袋を用意しているのだとか。

店内を見渡すと自前の袋にそばを入れている、手なれた常連さんもいる。

「健康のために食事はするものなのに、無理して食べて身体壊しちゃ本末転倒でしょ。だからお持ち帰りくださいってすすめているんです。そばは作り立てが確かに一番、喉ごしがいいんだけど、実は時間が経つと甘みが増して、それはそれで結構いけるんですよ」とご主人。

何から何までいたれりつくせりのお店なのだ。

食べきれなかった分はお土産に

帰り際には、「ありがとうございました、お気をつけて」とスタッフの温かい笑顔。リピーターが多いと言うのも納得だ。ちなみに、持ち帰ったそばは家に帰り、温かい天ぷらそばにして、おいしくいただきました。

※2014年3月取材時の価格です

●information
奥会津
埼玉県久喜市北青柳86-1
定休日 水曜
営業時間 11:00~15:00
JR・東武線久喜駅から徒歩約20分

(OFFICE-SANGA 平野凛)

お役立ち情報[PR]