お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 夜のラブテク

略奪女子よりコワい「虎視眈々女子」! 友達の彼氏でも好きになったら、ツケ込むべし!?

恋愛は個人の自由! とはいえ、相手によっては思わぬトラブルへと発展することも。女子同士の友情にひびが入りかねないのが、「友達の彼氏を好きになってしまった」ケースです。友達には怖くて聞けないからこそ、アンケートで聞いちゃいましょう! あなたならどうする?

Q.好きになった相手が友達の恋人だったら、あなたはどうしますか?

略奪する……3.2%

虎視眈々(たんたん)とスキを突いてアプローチする……5.3%

未練タラタラでうっ屈する……6.9%

別れるまでおとなしく待つ……21.3%

スパッと諦める……63.3%

半数以上の女子が「諦める」と回答しましたが、略奪を考える怖い女子も! 彼氏を紹介する友達は、ぜひ慎重に選びましょう!

■略奪する

・「関係ないから」(27歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「自分が一番だから」(30歳/学校・教育関連/技術職)

「だって好きだから!」とズバッと言い切る略奪女子は、恐怖の存在。 その割合は多いとは言えませんが、無視できない存在です! 魅力的な彼氏ほど、隠しておいたほうが良いのかも?

■虎視眈々(たんたん)と……

・「大半のカップルは、しばしば危機が訪れるのでそのタイミングを狙えば、十分になびかせることは可能です(経験談)」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「明らかにアプローチはしないが、少しずつ自分に気が向くようにするかもしれない。その友達が親友レベルならしないかもしれないが、そこまで親密ではない友達ならやると思う」(26歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

略奪女子よりもある意味で怖いのが、虎視眈々(たんたん)女子です。略奪女子並みの気合を持ちながら、表面上は「友達」を装って接近してきます! こちらの割合は約20人に1人です。どの職場にも、1人はいるのかもしれません。

■未練タラタラ

・「絶対に手を出さないし関わらない、と決めるくせに、つい思い出してしまうと思う」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

友情が大切だし、トラブルは御免。しかし「好き」という感情は簡単に消えません……。非常に切ない意見に、共感できる方も多いのでは?

■別れるまではおとなしく

・「別れて弱っている所につけこむのが、一番落としやすいと思ったからです」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「恨まれたくないので、付き合っているうちは手を出さない」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

別れたあとなら、恨まれる理由がない!? 二人のお付き合いが順調なうちは自分磨きに精をだし、別れを知った瞬間に勝負! これが恋愛上手な女子の特徴なのかも? アテが外れて結婚なんてことになったら、ガッカリしてしまいそうですね。

■スパッと諦める!

・「恋愛より友情のほうが、優先順位が高いから」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「友達のお下がりなんて気持ち悪いから、無理」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

多数派となった「諦める派」の中には、「男性<友達」という意見と「彼女がいると分かった時点で、気持ちが冷める」という意見が。彼氏はいずれ別れるかもしれませんが、女友達は一生モノ!? 男女の関係よりも女子同士の関係に気を配る意見が目立ちました。

リアルでは聞けない! 禁断のアンケートはいかがでしたか? あらためて自分の周囲のタイプが気になった方も多いのかもしれませんね。自慢の彼氏がいる皆さん! ぜひ、略奪女子と虎視眈々(たんたん)女子にはご注意を。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年2月にWebアンケート。有効回答数188件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]