お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

【実録・痛い恋愛メール】50代の上司から「うぐいすのような君のことを考えて、僕は幸せです」

客観的にどう考えても「恋愛対象外」だと思っている異性が、必ずしも同じように思っているとは限らない。いつ、どんな風に恋に落ちてしまうのか。それが誰にもわからない以上、なぜこの人から……と、まったく理解不能な人からラブ・メールが送られてくることも、時にあります。今回は、そんなケースでの痛いメールをご紹介します。

ある日、職場の課長である和典(仮名・51歳)から「職場の連絡に必要だから」と、アドレスを聞かれた杏子さん(仮名・26歳)。特に疑いもせずアドレスを教えたのですが、早朝に意味不明のメールが……。

★ふたりのメール★

(AM5:30)携帯の着信音

杏子さん(こんな早朝にメールなんて誰?)

和典「うぐいすのような君のことを考えて、僕は幸せです」

杏子さん(……うわっ、鈴木課長!! 朝早すぎでしょ。何かラブメールっぽいけど、宛先まちがってるし、「うぐいす」とか意味不明だし、迷惑すぎる~。とりあえず返信してからもうひと寝入りしよう)

杏子さん「おはようございます。メールまちがえているようなので、ご確認ください。よろしくお願いします。」

(1時間後)

和典「ごめん。まちがえたので破棄してください」

杏子さん(やっぱり……変な時間に、変なメールを送ってこないでよ~! 頼みますよ!)

杏子さん「承知しました」

和典「君はまるで、ひばりのようです。ひばりのように美しい声に癒されるよ」

杏子さん(うぐいすとひばりのまちがい!? 私宛てだったの!?)

 

【杏子さんの感想】

宛先まちがいだと思ってたのに、自分宛てで衝撃でした。“うぐいす”とか“ひばり”とか、おっさんの口説き方ってこういうものなのでしょうか? 気持ち悪いのを通り越して爆笑。返事をしなかったので、暗黙の了解で拒否していることが伝わったのか、それからメールは届いていません。職場では何もなかったようにして過ごしています。

まったく異性として見ていない相手が、自分のことを意識していないとは限らない。おじさんだからって油断していると、こんな不意打ちのラブ・メールに悩まされることもありそうです。それにしても男性って、どんなに年をとっても男性なんですね。ちょっとうらやましい!?

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]