お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

知らないうちに言ってない? 「男の自信」を削ぐひとこと・12選

誰にでも、他人から言われたらヘコんでしまう言葉があるもの。さらに、その発言の主が異性だったら、ヘコみ度倍増! なんてことにもなりかねません。では、どんなひとことが「地雷」なのでしょうか……? 今回は男性たちに聞いてみました!

■外見にまつわること

・「背の高さについて言われると、落ち込みます。背が低いのがコンプレックスだから」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「風邪を引いて、見た目と違って弱いんだねと言われると落ち込む。身体が大きいので、ちょっと弱い面が出ると、イメージと違うと言われてしまう」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「ふとした瞬間に、『太ったね。意外に筋肉ないね』。自覚しているが、面と向かって言われたら、ヘコむ」(24歳/医薬品・化粧品/技術職)

女性だって傷つく、容姿に関する発言。外見のコンプレックスを指摘されたら、男性だってヘコんでしまうんです。不用意な発言は控えたいものですね!

■人格否定……?

・「男らしくない。多忙で余裕のない時期にネガティブな発言ばかりしていたときに言われた」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「けんかをしているときに『器が小さい』と言われること。寛容さやおおらかさがないことを言い当てられている気がするから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「おもしろくない、会話がつまらない、話のセンスがない。一生懸命考えて、盛りに盛った笑い話。男で試したら爆笑、彼女に話したら、ドン引き」(34歳/機械・精密機器/営業職)

・「ゴキブリが出たときに怖がってたら男らしくないと言われたこと。ゴキブリが嫌いなので逃げたら言われた」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「男らしくない」「(人間が)小さい」なんていうひとことは、男性らしさの否定につながってしまう模様です。彼との関係を悪化させたくないなら、言葉を選んで話すのがよさそう。

■仕事や収入の話

・「収入が少なく、将来が心配だと、デート中のいい雰囲気に持っていこうとしたときに言われると最悪。将来性について、自分自身が一番疑っているから」(39歳/情報・IT/技術職)

・「誰々よりも仕事できないよねと言われたこと。どんなときでも仕事を比べることはしないでほしいし、プライドがやられるから」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

男性にとって、仕事の仕方や収入のことを指摘されるのは、やはり気分がいいものではありませんよね。もしそう思っていても、まずはぐっと抑えて心の中でつぶやいておくのが無難かも。

■心が痛くなります

・「○○だとこうしたなど、友人男性や過去付き合った男性と比べる言動。何でもかんでも人と比べられるのは嫌」(34歳/情報・IT/技術職)

・「男として見れない。男性としての魅力がないと言われているようなものだから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「モテなさそう。実際に当たっている」(34歳/情報・IT/技術職)

こんな恋愛にまつわる痛い発言はやっぱり傷つきますよね。女性だって、きっと言われたらいい気はしないはず。言われて嫌なことは言わない、これは鉄則です!

一見強そうに見える男性も、その中には繊細な心を持っているもの。女性だって男性だって、言われたら嫌な気持ちになることはあるのです。うっかりした発言で相手を傷つけてしまわないよう、口に出す言葉には十分配慮したいものですね。

※マイナビウーマン調べ(2014年1月にWebアンケート。有効回答数145件(22歳~39歳の社会人男性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]