お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

オフィスのバレンタイン・ホワイトデーは“コミュニケーションのきっかけ”?-調査結果

(女性に対して)オフィスでの今年のバレンタインでは、誰あてにお菓子を購入しますか?(複数回答)

お菓子のチカラ調査委員会は、全国20代~40代の「バレンタインチョコをあげた(もらった)ことがあり、ホワイトデーでお返しした(もらった)」ことがあるビジネスパーソン男女300名を対象に、『オフィスでのバレンタイン・ホワイトデー事情』についての調査を実施した。調査期間は2014年1月10日~2014年1月14日。

【男子がバレンタインに欲しいチョコ1位は圧倒的に「ゴディバ」】

女性を対象に、今年のバレンタインにオフィス内の誰あてにお菓子を購入するかを尋ねたところ、「上司/先輩」との回答が50.0%で一番多かった。次いで「同僚」(46.7%)、「部下/後輩」(20.7%)で、「今年は渡さない」との答えた人も約3割いた。一方、男性に今年のホワイトデーにオフィス内の誰あてにお菓子を購入するかと尋ねると、78.0%の男性が「バレンタインデーにもらった人全員」と回答した。

(男性に対して)オフィスでの今年のホワイトデーでは、誰あてにお菓子を購入しますか?(複数回答)

購入予算について、女性は、「上司/先輩」「同僚」「部下/後輩」では「101~500円」が約4~5割と最も多かったが、「社長」に対しては約4割が「1,500円以上」と答えた。男性のお返しの予算については、5割弱の男性が「501~1,000円」と答えた。

(女性に対して)それぞれの予算はいくらですか?(単一回答)

(男性に対して)それぞれの予算はいくらですか?(単一回答)

オフィスでバレンタインやホワイトデーにお菓子を渡す理由を聞いてみると、最も多かったのは「コミュニケーションのきっかけとして」(55.3%)で、男女別にみても、ともに半数以上だった。2位の「普段の感謝の気持ちを伝えるため」も、全体で5割を超えた。

どうしてオフィスで、バレンタインやホワイトデーにお菓子を渡すのですか?(複数回答)

嬉しいお菓子の渡され方については、男女ともに「直接、面と向かって」が最も多く、7割以上だった。次に、「カードやふせん等で一言メッセージを添えて」が約3割という結果となった。

オフィスでどのようにお菓子を渡されると嬉しいですか?(複数回答)

お役立ち情報[PR]