お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

7割の母親、早い時期から子供がスマートフォンに接触することに「反対」─ MMD研究所

子供とのスマートフォン利用

MMD研究所は、スマートフォンを所有している0歳~6歳までの子を持つ20代~40代の女性513人を対象に、「子供のスマートフォン利用に関する実態調査」を実施した。

【LINEもほどほどに!スマホ没頭ママは子供を危険にさらすと判明】

同調査において、子供と一緒にスマートフォンを使って遊んでいるか聞いたところ、「よく使っている」が13.8%、「時々使っている」が32.9%と合わせて46.7%の人が子供と一緒にスマートフォンで遊んでいることがわかった。

一方、子供が早い時期からスマートフォンに触れることに対してどのように思っているかを聞いたところ、「賛成」が4.5%、「やや賛成」が26.1%と合わせて30.6%が賛成と回答したの対し、「やや反対」が47.4%、「反対」が22.0%と合わせて69.4%が反対と回答している。

子供が早い時期からスマートフォンに接触することについて

また、子供と一緒にスマートフォンを使っていると回答した341人に、一緒に遊んでいるアプリのジャンルを聞いたところ、「子ども向けのゲームアプリ」(56.9%)、「動画アプリ」(35.5%)、「知育アプリ」(31.4%)の順にランクインした。

子供と一緒に遊んでいるスマートフォンアプリのジャンル

子供がスマートフォンを使ったおもしろエピソードとして、「ヨダレで充電器が何個も壊れた」「パズルゲームを試しにさせたら、今までに出たことのないミラクル高得点をたたき出した」「子供がパラパラアニメみたいに同じような写真を撮っていて、以外に良い作品でびっくりした」「スマホの写真にキスしていた」など、さまざまな回答が寄せられた。

お役立ち情報[PR]