お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

2人に1人が視力0.4未満! 「パソコン長時間使用」が「テレビをよく見る」を超える

年代別の視力

ソフトブレーン・フィールド株式会社は、株式会社クレディセゾンとの共同事業「レシートで貯める」の10代~80代の会員4,476名を対象に、「目」に関するアンケート調査を実施した。

【緑を見るのは目にいい!? 目に関する噂の真相3つ】

同調査によると、視力0.4未満の割合は全体で50.0%となった。年代別にみると、視力0.4未満の割合は「20代」52.5%、「30代」55.7%、「40代」50.8%、「50代」47.1%、「60代」36.7%、「70代以上」30.7%となり、パソコンやゲームなどに接してきた機会の多い、20代~40代で0.4未満が5割以上となっている。一方、視力1.0以上の割合は、「20代」24.6%、「30代」22.5%、「40代」24.2%、「50代」17.5%、「60代」17.0%、「70代以上」21.0%となった。

今回はインターネットでのアンケート調査ということもあり、「テレビをよく見る」割合よりも、「パソコンを長時間使用する」割合のほうが、どの年代でも高くなった。年代別にみると、「パソコンを長時間使用する」割合は、「20代」81.0%、「30代」77.8%、「40代」82.2%、「50代」80.8%、「60代」78.1%、「70代以上」66.1%となっている。

「テレビをよく見る」割合は、年代に関わらず6割程度。また、「ゲームをよくする」割合は、「20代」24.6%、「30代」20.5%、「40代」14.8%、「50代」10.3%、「60代」13.0%、「70代以上」14.5%となり、20代が高いものの、60代、70代でも1割以上の人がゲームをしていることがわかった。

目に関するライフスタイル

視力矯正をしている人は、全体で「メガネ」45.8%、「コンタクト」29.5%、「レーシック手術」3.3%となり、視力矯正をしていない人は21.5%だった。年代別にみると、20代では「コンタクト」がトップで41.9%と、30代以降は「メガネ」がトップ。メガネの割合は「30代」34.8%、「40代」40.7%、「50代」60.9%、「60代」70.1%、「70代以上」77.4%となり、年齢が上がるごとに「メガネ」の割合が増えている。

視力矯正の方法

お役立ち情報[PR]