お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性が「こんな子とは結婚できない」と思った女子の特徴5つ「専業主婦願望が強い」「愚痴が多い」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

モテないわけではないのに、なぜか婚期を逃している女性っていますよね。男性が考える「彼女にするならいいけれど、結婚はちょっと……」というボーダーラインはどこにあるのでしょうか? 20~30代の男性に「こんな女子とは結婚できない!」と感じてしまった女子の言動を聞いてみました。



■専業主婦になりたがっている
「寿退社して専業主婦になりたいというオーラがムンムンに出ている子を見ると引いてしまう。子どもが産まれないうちは、仕事を続けていてほしいかも」(27歳/IT)

むやみに「仕事辞めたいなぁー」といった発言をすると、婚期を遠ざけてしまうかもしれません。

■部屋が汚い
「付き合って間もない彼女の家に行ったとき、あまりに散らかっていて衝撃を受けたことがあります。床には物が散乱し、トイレットペーパーが切れているのに買いに行かずにティッシュで代用。排水溝も詰まっていて水が流れないなど……。自分は特に潔癖性というわけではないけれど、一緒に生活することを考えると踏みとどまってしまった」(26歳/放送)

家がきれいかどうかは、2人の結婚生活のイメージに直結する大事なポイント。「料理は練習してうまくなるかもしれないけど、『片づけられない症候群』の人はなおらない気がする」(29歳/不動産)という意見も。

■愚痴が多い
「元カノが職場の不満を言ってばかりで、ストレスが溜まりました。これが一生続くのかと思ったら結婚を想像できなくなった」(24歳/建築)

ついつい彼氏に聞いてほしくなってしまう愚痴ですが、それが続くと相手はうんざりしてしまいます。ネガティブなワードを知らず知らずのうちに口にしていないか、気をつけてみましょう。

■浪費グセがある
「ブランド品が好きだったり、頻繁に女子会でミシュラン3つ星の店に食べに行ったりしているような贅沢志向の女性。フェイスブックに買った服やネイル、食事の写真をアップしているのを見て、こんな子は無理だなーと感じてしまった」(29歳/イベント会社)

金銭感覚が近いかどうかも、結婚を考える上で重要な条件ですよね。浪費グセがある相手には、「家計のやりくりを任せられない!」と男性は感じてしまうのかもしれません。

■趣味・嗜好で大きな食い違いがある
「好き嫌いが多い子。外食のときにいつも『○○は入れないでください』と注文をつけていて気になった。大皿をシェアできないのも悲しい」(32歳/音楽関係)
「ヘビースモーカー。自分が吸わないので」(26歳/会計士)
「ネコが好きで、結婚しても絶対に飼いたいので、ネコアレルギーの人とは結婚できません……」(28歳/広告)

食べ物の趣味から、ペットまで、男性の「ここは譲れない」というライフスタイルのポイントに合わないと、残念ながら結婚相手として見てもらえなくなることもあるよう。努力だけでは解決できない部分もあるので難しいですが、お互いに歩み寄ることができればいいですよね。

結婚を前提とすると、男性も相手のことをかなりシビアに見ている様子。結婚するためには、お料理教室に通ったり、婚活イベントに参加したりといった、加点方式の努力を重ねることも必要ですが、まずは「結婚したくない女子」の特徴に自分が当てはまってしまっていないか、客観視してみることも大切かもしれませんね。みなさんは「結婚したくない女子」はどんな特徴があると思いますか?

(のでこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]