お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 妊娠・出産

コーヒー、葉酸……実は「妊娠にNGな食生活」はどれ!?

妊娠・出産というと、まだ遠い先の話かもしれませんが、産む産まないに関係なく「産むのに必要なカラダ」について知っておいて損はないはず! “そのとき”が来たら、はたして自分は産めるカラダなの? そもそも、妊娠・出産ってどういうもの? 自覚症状がないまま進むカラダの異常って!? 知らないことだらけの「いつかそのとき」のために、ぜひ女子のみなさんに見ていただければと思います。

◆お酒

―「お酒が好き! 妊娠期間やめたとしても産まれた子に影響するの?」(29歳)

「妊娠中でなければ影響ありません。ただし、過度な飲酒や連日の飲酒が、肝機能に負担をかけていませんか?」

◆サプリメント
―「葉酸は食べ物だと摂取量があまり多くないのでサプリメントがいいというけど、未婚だからいつ妊娠するかわからないのに、ずっと飲み続けるべき?」(29歳)、「妊娠するために、とってもいいサプリメントってありますか?」(30歳)

「葉酸自体は、妊娠のごく初期に胎児の細胞分裂に必要です。また、神経系がつくられているときに葉酸が不足すると先天性奇形の原因にもなります。排卵期から妊娠初期に足りていればいいのですが、いますぐに妊娠予定がないなら、葉酸をサプリメントとしてとる食生活ではなく、サプリメントでとる必要がないような充実した食生活に改善する努力をしたほうが現実的でしょう。

ましてや妊娠しやすくなる(妊娠力を保証する)サプリメントなんて存在しません。更年期対策のサプリメントを、妊娠しやすくするサプリメントと勘ちがいする方もいらっしゃいますが、それらの多くは、更年期に不足するエストロゲンに類似した物質を補充するサプリメントであり、妊娠力を上げるものではありません」

 >(次ページ)太ってると安産、痩せてると難産って本当?