お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 家事

花嫁修行! 8割以上の女子が結婚する前に、習得しておきたい家事スキルとは?

結婚前に、ある程度家事ができるようになっておくことは、今後の良好な家族関係を築くために必要なこと。そこで今回、20〜30代をメインにした未婚の働く女性300名を対象に花嫁修業や家事への意識に関するアンケートを実施! やっぱり花嫁修業をしたいと思っている? それまでに押さえておきたい家事って?

「はい」と答えた人が5割強と、したいと思う人、したいとは思わない人が半々くらいの結果に。ちなみに、「はい」と答えた人にその理由を聞いてみたところ、「今まで家事をサボってきたので、今後困らないように集中コースで勉強したい」(機械・精密機器/秘書・アシスタント職/33歳)、「家事は嫌いではないのである程度できる自信はあるが、もうすこし上達したいから」(医療・福祉/専門職/23歳)といったように、大まかに分けると、まったくできないため事前に勉強したいと思っている派と、ブラッシュアップしたい派の2つに意見が分かれました。もしかしたらその裏には、「夫や家族を喜ばせたいから」(建設・土木/事務系専門職/28歳)という心理が働いているからかもしれません。一方、「いいえ」と答えた人は、結婚する気持ちを今は持っていないため花嫁修業に関心がなかったり、家事に自信があるためわざわざ結婚前に勉強しなくてもいいと思っているようです。

「料理」と答えた人がずば抜けて多い結果になりました。その理由については、「重要だと思うけれど、今のところまったくできないから」(医療・福祉/専門職/34歳)と料理に苦手意識があるため結婚前に勉強しておきたいという意見もありましたが、「料理ができないと、浮気されそう」(団体・公益法人・官公庁/事務系専門職/31歳)、「義母に文句を言われそうだから」(医薬品・化粧品/事務系専門職/25歳)といった人間関係を円滑にするためにも料理は大事だと考えている人も。また、「彼においしいものを食べさせてあげたい」(団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職/23歳)という思いやりの気持ちや「夫婦で健康的な食生活を送りたいから」(商社・卸/事務系専門職/35歳)というように健康管理の面を答える人もいました。

[次ページ] 働く未婚女子が結婚前に習得したい料理第1位は「煮物」!

お役立ち情報[PR]