お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

過去の栄光を自慢する男性心理を調査。うんざりした過去の栄光話・4選

小村由編

あなたのまわりに、「過去の栄光」にすがっている男性はいませんか?仕事やスポーツ、趣味などで過去に優秀な成績をおさめた経験のある男性にありがちかもしれません。そのような男性心理についてアンケート調査。さらに、男性から「過去の栄光話」を聞かされた女性たちの意見も聞いてみました。

■過去の栄光を自慢する男性心理

過去の栄光は今でも鮮やかに心の中に残っているもの。男性も女性もそれは変わらないかもしれません。それを心の中に留めるのではなく、誰かに話し、自慢したくなる心理とはどのようなものなのでしょうか?

◇男性に聞いた。過去の栄光を自慢したことがある?

実際に、過去の栄光を自慢したことはあるか、男性たちにアンケート調査を行いました。

Q.あなたは自身の過去の栄光を誰かに自慢したことはありますか?
ある……39.1%
ない……60.9%
(※1)有効回答数396件

過去の栄光を自慢したことがある人は、約4割でした。結果としては意外と少ないと感じる方もいるのでは? 自慢したと自覚している人の数になるので、実際はもう少し多いのかもしれません。

◇男性が過去の栄光にすがる理由とは?

なぜ男性は過去の栄光にすがるのでしょうか? 過去の栄光を自慢した理由や心情を聞いてみました。(※1)

・「お酒の場でもあり、その場の流れで」(33歳/電機/技術職)

・「自分が行ったことの功績を相手に誇示したいから」(35歳/学校・教育関連/その他)

・「相手によく思われたい、次につなげたいという気持ちが強かったから」(38歳/情報/IT技術職/)

・「自分ががんばった成果を伝えたかったから」(34歳/小売店/営業職)

・「周囲のレベルが高いので、自分を大きく見せようとした」(31歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「自分をかっこよく見せたかったから」(37歳/運輸・倉庫/経営・コンサルタント系)

・「もろに自慢したわけではないが、仕事をする上でこれまでの実績と経験をふまえて、後輩にアドバイスをしたことがある」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

全体的に「酔った勢いで過去の栄光を自慢してしまう」と回答した男性が多い印象でした。酔ってしまうと気が大きくなるため、その流れや勢いで話してしまいたくなるようです。

また、気になる女性に自分をアピールしたいために過去の栄光話をする男性もいます。自分はこれだけすごかったとアピールしてよく見せたい、すごいと感じてほしい心理が働いているようです。女性でも、気になる相手や好意を持っている相手に対して、一番美しい姿を見てもらいたいと考えるのと同じような心理状態かもしれません。

自分の後輩に、先輩としてすごいと思ってほしいといった回答もありました。後輩にいいところを知ってもらうと、羨望のまなざしや、頼れる先輩として見られるからではないでしょうか。

次ページ:過去の栄光自慢に対する女性の本音って?

お役立ち情報[PR]