お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

男子が思う過去の栄光にすがる女子「ミスコン」「出身高校の偏差値自慢」

過去の栄光にすがるというと、スポーツや仕事で実績を残した男性に多いタイプに思えますが、女性だってそういう人はいるでしょう。実際にはどのようなタイプなのか、読者の男性262名に聞きました。

【女子が思う恨みごとをノートにつけてそうな女子「いつもニコニコ」「SNSでは饒舌」】

■男性編

・「頭がいい人、ミスコンなど」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)
ミスコンはあこがれの存在。これは自慢したくなりますよね。

・「昔はね~昔はね~って口癖がある人」(31歳/金融・証券/専門職)
昔は昔、今は今。

・「出身高校の偏差値自慢をする」(24歳/その他)
出身地が違うと、本当かどうかわからないので便利。

・「中学校のときに取った賞状を自慢する」(35歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
校内読書感想文コンクールでも自慢できますかね?

・「昔もてたからか、男に対して上から目線」(34歳/機械・精密機器/営業職)
今もチヤホヤされていればいいのかもしれませんが……。

・「プレゼントでもらったアクセをいっぱいつけている」(47歳/医療・福祉/専門職)
ジャラジャラできるほどもらっていたのなら、過去に浸りたくもなりそうですね。

過去にモテたことがあったり、高学歴の女性は過去の栄光にすがる傾向に。美しい思い出を大切にしたい気持ちはわかりますが、このままでは前に進めません。これからの人生を夢見て、新たなスタートを切ってみては?

調査期間:2013/7/20~2013/7/26
有効回答数:男性262名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]