ママのための悩み解決サイト
体重やお腹の変化も! 妊娠二カ月目に出てくる妊婦の症状と胎児の様子

体重やお腹の変化も! 妊娠二カ月目に出てくる妊婦の症状と胎児の様子

妊娠初期である妊娠2カ月目。妊娠4~7週目のこの頃は妊娠の可能性に気づき、確認し、受け入れていく時期です。小さな命が宿っていることに喜びを感じつつも、はじめての人は特に体の変化や健診に戸惑うことも多いでしょう。こちらでは妊娠2カ月目の妊婦の症状や胎児の様子、この頃に気をつけたいことや、症状の対策などをご紹介します。


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠2カ月目。この頃といえば、生理が遅れて「もしかして妊娠したかも? 」と気づく人もいれば、まだ何も感じずに過ごしている人もいて、妊娠検査薬の結果を待ちながら連日ドキドキしている人もいる、「それぞれのレースのスタート前」のような時期といえるのではないでしょうか。なかには妊娠超初期症状という体の変化をすでに感じている人もおり、妊娠2カ月目の後半にはさらにわかりやすい体調の変化が現れます。こちらではそんな妊娠2カ月目のママのお腹の変化や症状、赤ちゃんの成長の様子、この時期にママが気をつけるべきことについてまとめていきます。

妊娠2か月目の特徴

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠2か月とは週数でいうところの妊娠4~7週目で、着床してから最初の1か月にあたります。生理周期が28日間であったとすると生理予定日は妊娠4週0日。来るはずであった生理がなかなか来ず、多くの人が妊娠の可能性を疑うことでしょう。そうして妊娠検査薬を使用し、産婦人科にかかるなどして妊娠が発覚、自覚されていきます。着床後、赤ちゃんの細胞が作られ始め、どんどんその成長が進んでいくので、ママにはさまざまな自覚症状が。ホルモンのバランスが変化するため思いのほか精神的に不安定になっていて、ささいなことで涙がでるなど、メンタル面に影響が出はじめる人もいます。

あれ⁉ 私ってもう妊娠2カ月なの? 

今回がはじめての妊娠となる人には特に意外と感じられたかもしれませんが、妊娠は前回の月経開始日から数えます。生理周期が28日の人なら排卵の時点ですでに妊娠2週目。妊娠を意識した・自覚したばかりなのに“もう妊娠2カ月”なのはそのためです。

まずは妊娠検査薬で確認を。陽性反応が出たら産婦人科へ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

これまで基礎体温を測っていたのであれば3週間以上高温期が続いたことで妊娠したことに気がつくこともあるでしょう。生理予定日から1週間後以降であれば、多くの市販の妊娠検査薬で妊娠しているかどうかがチェックできます。検査の結果、陽性反応が出た場合はすぐに産婦人科を受診しましょう。

妊娠検査薬とは? すぐ産婦人科に行くべきその理由と時期

市販の検査薬は、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という妊娠後に徐々に分泌されるホルモンを、尿と一緒に排出されたところで検出し反応を見ています。子宮以外の場所に着床している子宮外妊娠の場合でも陽性反応を示してしまうため、妊娠検査薬はあくまでも産婦人科へ行くための目安として使用し、産婦人科で超音波検査を受けることが大切です。

遅くても月経予定日を2週間過ぎる頃までには受診を

しかしながら、妊娠が分かった時点ですぐ病院に行ったのに再来院するよう指示を受けただけで帰されてしまうことがあるのです。これは近頃の妊娠検査薬が高性能であるのと、妊娠の確認が「胎嚢」という赤ちゃんが入っている袋が子宮の中にできているかを判断材料とするため。胎嚢を確認できるのは妊娠5週目(生理予定日の1週間後)あたりです。陽性反応が出ていて出血や腹痛などの異常がなければこの頃に受診をするようにし、正常な妊娠であるか確認しましょう。

妊娠の可能性がある初診のときに必要なもの・準備のポイント

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

・健康保険証
・お金を多めに用意
・筆記用具
・スカートが無難。ズボンやストッキングを避ける
・尿検査あり
・「ここで出産したい」という病院で受診する

念のため健康保険証を持参しましょう

日本では、妊娠は病気ではないことから保険が適用されません。妊娠が確定して自治体から補助券が出るまでの間、検査や健診費用は実費となるため、お金は多めに用意しておきましょう。何か異常が見つかった場合は病気であると判断され保険が適用されます。また、その病院にかかるのが初めてであればカルテを作るためにも保険証が必要です。

現金は多めに2万円程手元に用意しておくと安心

病院によって料金は違いますが、いずれにしても保険がきかないので少々割高です。病院によってはクレジットカードの取り扱いもない場合があります。現金は多めに2万円程手元に用意しておくのが安心です。

はじめて聞くワードは聞き漏らしがち。メモを取る準備を

健診時の医師の説明は妊娠・出産の専門用語がたくさんあって、戸惑うかもしれません。うっかり大切な説明を聞き逃す、または忘れてしまわないようにメモを取りましょう。後になって疑問点に気がつくこともあるため、メモをとることを受診時の習慣にすると良いでしょう。

脱ぎ着しやすい服装で

医師が膣の中に手を入れて子宮や卵巣の様子を診察する「内診」を受けます。さらにその内診後すぐ診察室に移動して診察に入る場合がほとんどであるため、ズボンやストッキングを避けた脱ぎ着しやすい服装にするか、脱ぐ必要のないスカートが便利です。診察中や診察後に少量の出血がある場合も考えられますので生理用ナプキンを持参するのも良いでしょう。

市販の検査薬で陽性反応が出ていても、もう一度尿検査をします

産婦人科では正常な妊娠であるのか、本当に妊娠しているのかを判断してもらうために超音波検査を受けるのですが、尿検査も行われます。妊娠中は膀胱が圧迫されるため普段よりトイレが近くなりがちです。尿検査があることを念頭に置いておきましょう。

「出産するならここ」という病院で受診、実際をチェックする

できれば初診から実際に出産する病院で受診しその後も通えることが理想的ですが、誰もが落ち着いて下調べが出来る状況とも限らないことでしょう。産院選びは「通いやすいかどうか」「選べる出産方法の種類」「かかる費用」などの点から慎重に決めたいもの。中でも決め手は「ここで産みたいと思えるかどうか」。その病院の雰囲気、医師やスタッフとの相性やフィーリングは重要なチェックポイントです。口コミなども参考にしつつ、今回の受診で病院の空気をよく感じておきましょう。

はじめの受診で妊娠が確認できないこともあります

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠初期の胎嚢はとても小さく、エコー写真では1mmにも満たない黒い点です。妊娠検査薬で反応が陽性でも時期が早すぎて胎嚢が確認できず、翌週以降にもう一度受診するように指示されるだけで終わってしまう場合もあります。多くの妊婦さんが経験するパターンで、特別不安がらなくても大丈夫なものなので、おめでとうと言ってもらえなくても、その時はあまり気にしないでくださいね。

妊娠2か月の頃の赤ちゃん ≪身長 約1㎝/体重 約4g≫

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠2カ月の初めの頃の赤ちゃんはまだ1㎜ほどの大きさ。「胚盤胞」と呼ばれる細胞のかたまりの状態で、胴体に尻尾やエラもあり、オタマジャクシのような形をしています。ここからの成長の道のりはまるで人類の進化をたどっているかのよう。妊娠5週に入る頃は3層の胚葉を持つ「胎芽」という状態。妊娠6週に入ると心臓が鼓動をスタートします。エコー検査でも心拍が確認でき、少しずつ顔の形もできてきて、口や舌、目には水晶体と網膜が形成され、脳や神経細胞の80%がこの時期に作られます。妊娠7週の初めは4~5mmほどの胎芽ですが、妊娠7週の終わりには11~13mmにまでぐんと大きく成長します。えびのようなピクピクとした動きをすることもあります。

妊娠2か月のママの様子や症状・お腹の大きさ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠2か月目ではまだ目に見えるような体型の変化はなく、お腹も大きくなっていないのですが、子宮の大きさは「ガチョウの卵大」。体内の変化はとても大きくて急速に進んでいます。胎盤が形成されはじめ、妊娠に関わるホルモンであるhCGやエストロンゲン、プロゲステロンなどのが大量に分泌。そして妊娠初期症状と呼ばれるさまざまな症状が出てきます。主な症状としては、しばらく高温層が続くため、頭痛・熱っぽい・だるいなどの風邪のような症状がみられる、吐き気(つわり)がある、やたらと眠い、胸が張る、乳首が敏感になる、のどが渇く……など。また、涙もろくなる、イライラしがちであるなど、周りの人からすれば情緒不安定とされるような状態になることもあります。

妊娠2カ月目:妊娠4週~7週目のママと赤ちゃんの様子

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

【妊娠4週目】妊娠検査薬はもう少しだけ待って

妊娠3週目の後半に子宮内膜に着床した受精卵が細胞分裂を繰り返してぐんぐんと成長を続けています。胎児の元になる三胚葉(外胚葉・中胚葉・内胚葉)が形成され「胎芽」へと変化していく時期で、妊娠を維持するためのホルモンであるhCGの分泌量が増えます。妊娠4週目では妊娠検査薬を使ってもまだ反応しない場合がほとんどであるなか、反応が出る人も。待ち遠しくてついフライングで検査薬を試してみたくなるものですが、フライング検査は知らなくて済んだはずの化学流産を知ってしまうなどデメリットもあります。妊娠判定は妊娠5週目に入るのを待ちましょう。

妊娠4週目は本当にはじまったばかりといった時期で、胎嚢も見えるか見えないかというぐらい。健診で医師の「見えませんね。」という言葉に不安になることもあるかと思いますが、たとえ見えなくても心配はなく、次の検査にはきっと確認することができます。次回の健診を楽しみに待ちましょうね。

【妊娠5週目】まだまだ不安定ですが、妊娠が確定されはじめます

生理周期が安定している人は生理が1週間以上遅れているこの時期に、娠しているかもしれないと感づくことが多いでしょう。hCGがさらに増え、かなりの量が分泌されているので、妊娠5週目であれば妊娠検査薬の使用でほぼ100%の確率で妊娠判定をすることができます。陽性反応が確認され、病院のエコー検査で胎嚢(赤ちゃんを覆う袋)も確認されれば、妊娠が確定。この頃の赤ちゃんは「胎芽」と呼ばれる状態で、生命の維持に不可欠で重要な臓器である「心臓」が形成されているところです。オール状の手の原型ができ、足や鼻の穴、目の原型もみられます。

妊娠5週目はまだまだいろいろと不安定な時期。不快な症状や痛みを感じる場合もあり、不安も多い時期ですが、赤ちゃんとの妊娠生活ははじまったばかりです。毎日を大切に過ごしていきましょうね。

【妊娠6週目】そろそろ心拍確認。母子手帳もこの頃から

妊娠6週目の頃になると具体的な体調の変化が現れはじめます。生理が不順であった人もこの頃なら生理の遅れを認識しやすいでしょう。つわりの症状がさらに進み、食べ物の好みに大きな変化が現れる人もいます。この頃の赤ちゃんの状態は先週に引き続き「胎芽」。胎嚢の中に胎芽と卵黄嚢が作られている頃です。脳や神経、臓器、骨や筋肉などの元になる細胞が形成され、手足や頭の形成はさらに進んで、足の裏や耳の穴が確認できます。心臓も機能しはじめ、早い人ならエコー検査で赤ちゃんの心拍の確認ができるでしょう。心拍が確認されると病院から母子健康手帳を受け取るよう指示があります。役所などの指定場所へ母子手帳をもらいに行きましょう。

この時期は少しの体の変化でも不安になりやすいものです。多くの人が精神的に参ってしまう頃なので、自分だけが悪いような、弱いような気がしてもご自身を責めないでくださいね。旦那さんや家族に不安を話す、産院のスタッフや保健センターの保健師さんなどに胸の内を打ち明けるのも気持ちが落ち着くものです。

【妊娠7週目】いよいよ人の形へ 心拍確認でひと安心

妊娠7週目は妊娠4週目の頃から比べると、体に小さくついていただけのようだった手足も成長し、肩から指までしっかりと形に。エラやしっぽもどこかに消えて、人間らしい、赤ちゃんらしい体の形をしています。胎嚢と心音が確認できれば、赤ちゃんの心臓が機能し始めたことを意味し、赤ちゃんの成長は順調です。心拍が確認できると流産の可能性が5%にまで下がるといいます。また、子宮外妊娠の判断がしっかりできる頃でもあるので、落ち着いて医師の説明を聞きましょう。

いよいよ人としての形ができあがった胎芽は、この後妊娠8週頃に「胎児」と呼ばれるようになっていきます。赤ちゃんの成長が確認できたら、指示に従って母子手帳や妊婦健康診査受診票を受け取りに行きましょう。今後しばらくは1ヶ月に1回のペースの妊婦健診で赤ちゃんの成長を確認し見守っていきます。

妊娠2か月目から妊娠3か月にかかる今後は「器官形成期」

ここから先は臓器の元が作られる「器官形成期」へ。赤ちゃんにとってとても大切な時期に入っていきます。薬の服用や、高血糖や風疹などの病気は赤ちゃんに障害をもたらす危険があります。よく自覚をし、注意して生活しましょうね。

子宮外妊娠とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「子宮外妊娠」は受精卵が子宮内膜以外に着床してしまい、そこで成長しようとする状態をいいます。全妊娠の約1%で起こるとされており、予防できるものではありません。正常な妊娠でないのに妊娠検査薬で陽性反応が出るのは、子宮内膜以外に着床した場合でもhCGが分泌されるため。妊娠初期症状もあるのですが、通常妊娠との決定的な違いとなるのはエコー検査で子宮内に胎嚢などが見つけられないことです。子宮外妊娠の場合では妊娠を継続することはできず、いずれ卵管破裂を起こすなど、卵巣とともに取り出すような処置が必要となることもあり、放置していると最悪の場合母体の命の危険に関わります。

妊娠2か月の時期を過ぎようとしても子宮内に赤ちゃんを確認できない場合は、子宮外妊娠の可能性も考えていきましょう。

早ければさっそく始まる つわりの悩み

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠2か月頃の妊娠初期症状の中で特につらいのは「つわり」と分類される不快な症状の数々ではないでしょうか。なかにはほとんどその症状を感じずに妊娠が進んでいく人もいますが、全妊婦の半数以上は何らかのつわりの症状に悩み、苦労しているといいます。

さまざまある「つわり」の種類

つわりは早ければ妊娠5週目の頃からはじまり、その症状は妊娠週数が進むにつれてどんどん重くなることが多いようです。そのピークは妊娠8~11週頃。妊娠12〜16週頃までにだんだんと落ち着いてくる場合がほとんどですが、臨月になっても続く人もいます。つわりの症状は多種多様で対処法もそれぞれなので、まずは自分のつわりを見極めましょう。

・吐き気が止まらない「吐きつわり」
・においに敏感になり吐き気のきっかけにもなる「匂いつわり」
・食べていないと気持ちが悪くなる「食べつわり」、
・眠気が強くなっていくらでも眠れてしまう「眠りつわり」
・なぜかよだれが出続ける「よだれつわり」 など。

つわりは症状も対策も人それぞれ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

つわりは赤ちゃんが元気な証拠! 有能である証! などと言われますが、張本人であるママにとっては先が見えず、その日々が地獄のように感じられるほど苦しい場合があるもの。症状が出る時期に早い遅いといったこともなく、その症状の具合にも大きな差があります。自分がつらいと感じる時は無理をせず、ぜひ1番そばにいる旦那さんに1番の理解者となってもらい、よく体を休めましょう。

食べられるもの、食べたいものだけ食べる

この頃は母体に蓄積されている栄養で赤ちゃん分の栄養がまかなえるといいます。今はまだ栄養バランスなどは気にせず、食べられるもの食べたいものだけ食べてOKです。

空腹のときに軽くつまめるものを準備

空腹が引き金となって症状が出てしまうこともあります。手元にちょっとしたおやつを用意してこまめにつまみましょう。枕元に置いておくなどしても良いでしょう。

できるだけ水分補給をする・氷を舐める

苦しい時は水分をとることさえ辛いのですが、少しづつで構わないので水分補給をしましょう。思った以上におなかの赤ちゃんに水分を奪われるので、気づかぬうちに水分不足からつわりの症状が増幅されている場合もあります。氷を口に含むと気持ちが優れることも。

打ち込めるものをさがそう

働く妊婦さんの中に「仕事の前後はつらいけれど仕事中は大丈夫」といった人がいます。没頭できる趣味があれば、打ち込んでいる間つわりや諸症状が消えてしまうといった場合もあるといいます。何か楽しんで出来ることが見つかると良さそうですね。

上手に気分転換

つらい時はなかなか外出などには気分が乗らないものですが、出てしまえば案外気分が晴れることも。体調も天候もよい日は外の空気を吸いに散歩や買い物にでかけてみましょう。友達とたわいのない会話をするのも気が紛れます。

妊娠2か月目の注意すべき不正出血

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まだまだ子宮内が不安定である妊娠初期には不正出血を起こすことも多くあり、珍しいことではありません。おりものが少しピンク色をしていたり、1度黒っぽい血が少量出てきただけであれば、様子を見ていて大丈夫。気をつけなければいけない出血とは、腹痛やお腹の張りを伴う場合や、明らかな鮮血が大量に出るような場合です。このような状態は切迫流産の可能性が考えられます。

切迫流産とは

切迫流産とは、まだ流産ではなく流産しかけている危険な状態のことをいいます。このまま進行してしまうと流産となってしまう危険性がとても高い局面です。
切迫流産と診断を受けた際はどんな状況であれ必ず医師の指示に従い、安静に過ごしましょう。

全妊娠の約15%は妊娠4か月未満の自然流産

妊娠2か月の頃を含む妊娠初期は、実は長い妊娠期間の中で最も流産をしてしまいやすい時期。流産のほとんどが妊娠4か月未満で発生し、全体の10~15%を占めています。この時期の流産の原因は染色体異常など胎児側にあるとされる場合がほとんどで、防ぐ事が難しいのですが、早期発見、早期対処が赤ちゃんを守り、助ける場合もあります。初期流産や切迫流産などの兆しを甘く考えず、体の変化にすぐに気が付けるよう注意しましょう。

妊娠2か月のママが気をつけるべきこと・心がけたいこと

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠2か月は「絶対過敏期」薬の使用は極力避ける

この頃は赤ちゃんが細胞分裂を繰り返し赤ちゃんらしくなっていき、脳や消化器官、中枢神経、四肢など、生き物としての体を形成していく大切な時期で、「絶対過敏期」と呼ばれています。まだまだ赤ちゃんが小さいため必要とされる栄養分は少ないのですが、薬物の影響を最も受けやすく、強すぎる薬物は奇形の原因にもつながりかねないため注意が必要です。スーパーやドラッグストアなどの店頭で入手できるような市販薬では影響が出る可能性は低いとされるものの、積極的に摂りたいものではありません。服用したい場合は医師に相談しましょう。

アルコールやタバコは絶対ダメ

アルコールやタバコなどの嗜好品は赤ちゃんに有害でとても危険です。
以下のようなリスクが警鐘されています。


●早産や流産のおそれが2~3倍になる
●赤ちゃんが低体重児になる
●将来身長と学力が低くなる
●胎児性アルコール症候群による先天的な疾患を持って産まれてしまう
●乳幼児突然死症候群(SIDS)の発生リスクがとても高まる
●多動性障害(ADHD)児や言語機能の低下にも関連するおそれがある


妊娠に気がつかずに摂取してしまった場合の相談の類をよく目にするかと思いますが、初期であれば摂取して良いという訳ではけしてありません。妊娠がわかった時点でアルコールやタバコなどの嗜好品の摂取は辞めてください。

妊婦であることを自己申告するようにする

体調不良や持病のための通院で妊婦であると知らずに強い薬を処方されてしまうことも予測されます。妊婦健診以外で病院に行くときは、歯科も含めて必ず妊娠中であることを医師側に伝えましょう。

妊婦健診と初期の検査をしっかり受ける

妊婦健診は母体とお腹の赤ちゃんの状態を診るためにとても大切です。先述の通り子宮外妊娠などの可能性もあり、妊娠初期では流産の心配もあるため、1~2週間ごとに妊婦健診をします。妊娠が確定すると子宮がん検査、貧血、風疹抗体、B・C型肝炎、HIVなどを調べるための血液検査もあります。面倒と思わず、赤ちゃんを授かった奇跡と必要な健診を受けることができる有り難さを忘れずに、大切にしましょう。

服装は「冷やさない」「締め付けない」「転ばない」で選ぶ

妊娠中は意識して体を冷やさぬように注意しましょう。女性は足元から冷えてしまいやすいため、長めの靴下を履く、レッグウォーマーなどで温めるのもおすすめ。夏の冷房が効いた部屋や公共の場では上着を1枚羽織るなどして自己管理をしましょう。また、体を締め付けるような服や下着は血液の循環を悪くしてしまうだけでなく、つわりの原因となることも。つわりのタイプによってはが締め付けていることが窮屈で、不快に感じる場合もあるため、ブラジャーならスポーツブラやマタニティブラを選ぶのがおすすめです。締め付けないものにするだけで楽になる人が多いようです。靴は足に合ったもので高さのないものを。ヒールの高い靴は転ぶと赤ちゃんに良くないので、避けましょう。

妊娠2か月目のママの食事のポイント

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この時期は食べ過ぎても食べられなくてもつわりの原因となってしまうことが多く、食事らしい食事とはいかない場合も多いものです。何かを食べなくてはいけないというよりは、水分摂取を絶やさぬように気をつけるほうが優先で、少しでも食べられていればOKです。

葉酸や鉄分を積極的に摂る

葉酸の摂取で赤ちゃんが先天性異常をもって生まれてくるリスクを軽減することができるとされています。より健康な赤ちゃんを産むためにも意識して摂りたいものです。葉酸は緑の野菜に多く含まれていますが、妊婦用のサプリメントにも入っており、「葉酸」そのもののサプリメントもあります。調理で破壊されてしまいやすい葉酸を補う意味でも推奨されていて、葉酸は鉄分と併せて摂取するとより吸収されやすいともいいます。鉄分は妊娠中の貧血予防にも欠かせない成分。ぜひ鉄分を多く含むカツオや小松菜、ほうれん草、ひじき、納豆などの食材も意識して摂取しましょう。ただし、レバーやウナギに多く含まれている動物性ビタミンAには過剰摂取が奇形につながるとされているので、要注意。

特に注意したい食べ物や飲み物

・カフェイン
・アルコール
・ナマモノ(肉・魚・ハムなど)やチーズ

カフェインは胎盤を通過しやすく、ほぼ母体と同じ濃度で赤ちゃんに届きます。
カフェインには胎児の中枢神経を覚醒・興奮させてしまうだけでなく、発育遅延のリスクを高めてしまう作用があります。ママにとってもカフェインは考えもので、尿からのカルシウム排泄を促す、鉄分の吸収の妨げを助長するなどの作用があるといい、避けた方が無難なよう。最近では市販でノンカフェインのコーヒーや紅茶が多く並んでいます。妊婦ならではの楽しみ方がたくさんあります。自分に合ったリラックス法を見つけていきましょう。

菌による感染症を避けるためナマモノは要注意

もともとの食の好みでお寿司が好きな人、チーズが好きな人も多いと思われますが、つわりからくる味覚の偏りで、なぜかお寿司しか食べられる気がしない、チーズさえかければ何とか食が進むといった人もいるようです。決して食べてはいけないわけではないのですが、例えばお寿司の中には水銀を多く含む魚がいるため適度な量を心がけることが必要です。菌による感染症を避けるため、よく火を通す、過熱をして食べるなどの調理法の工夫も大切です。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠2か月目は赤ちゃんの存在を実感していく一方で、マタニティブルーを感じやすいものです。ホルモンバランスの変化が体にも心にも影響を与え、自分が自分でなくなっていくような不安に襲われる場合も。つわりなどの妊娠初期症状や、さまざまな変化に戸惑うことが重なってストレスとなることも多いかと思います。妊娠とはそれだけ大きくて深いものであることを受け入れ、必要な知識をしっかりと蓄えることで、ゆっくり1つずつ安心を増やしていきましょう。
ゆったりとした幸せな気持ちでマタニティライフを楽しめる日が、いずれやって来ます。すべてを自分一人で抱えようとせず、悩みは旦那さんや家族と分かち合い、支えてくれようと差し伸べられる手にはぜひ身を委ねてみてくださいね。

当社は、本サイトにおいて提供される情報について、内容の正確性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性、最新性、その他一切の事項を保証するものではありません。当該情報に基づく判断・行動は、利用者自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

関連するキーワード


妊娠初期 妊娠2ヶ月

関連する投稿


妊娠超初期の出血が茶色や鮮血の場合は危険? 出血の原因と対処方法

妊娠超初期の出血が茶色や鮮血の場合は危険? 出血の原因と対処方法

妊娠超初期の出血について、着床出血の基礎知識や月経血・不正出血との違い、着床出血がおきたときの対応などについてご紹介します。着床出血は、妊娠に気付くことができる初めてのサインになるかもしれないので、妊活中の方は是非知っておいてくださいね。


妊娠初期に茶色いおりものが出るときの原因と対処方法

妊娠初期に茶色いおりものが出るときの原因と対処方法

月経が始まった当初から、おりものを経験してきている女性は多いと思いますが、妊娠中は、とくにその変化が気になってしまうもの。妊娠初期には、茶色いおりものが出ることがあり、おりものの変化は体調の変化を知らせてくれる重要な役割を持っています。そこで今回は、注意すべきおりものについて、原因や対処方法についてまとめました。


妊娠初期の下腹部痛で考えられる原因と対策

妊娠初期の下腹部痛で考えられる原因と対策

妊娠するとそれまでにはなかった様々な体の変化が起こります。中でもよく聞くのが下腹部の痛み。感じ方はそれぞれですが、生理痛と勘違いして気づかず無理をしてしまう人もいるのだとか。妊娠初期の下腹部痛の原因と対処方法、避けるべき行動などをまとめています。


妊娠初期でも生理はくる? 妊娠と生理の違い

妊娠初期でも生理はくる? 妊娠と生理の違い

昔から、生理が来ないことで妊娠を疑い、検査して妊娠判明というのが妊娠判明のパターンですね。ですが中には「生理が来たのに妊娠していた」あるいは「妊娠したかと喜んだら実は生理だった」。という話もあります。なぜそのようなことが起こるのでしょう? 妊娠の初期症状と生理の違いを一緒に見ていきましょう。


妊娠初期に運動しても大丈夫? 注意点とおすすめの運動方法

妊娠初期に運動しても大丈夫? 注意点とおすすめの運動方法

妊娠初期は、つわりや眠気に襲われ、体調が安定しない時期ですね。すっきりさせるために身体を動かしたいけど、妊娠初期に運動しても大丈夫? 答えはイエス。注意点を守れば体を動かしてもいいのです。妊娠0~3週目である妊娠超初期は着床するまでの期間なので、妊娠に気づかない人も多く運動していても問題はありません。


最新の投稿


【漫画】ママ友なしの一人育児は大変!? 『ぼっち育児楽しんでます!』第3回

【漫画】ママ友なしの一人育児は大変!? 『ぼっち育児楽しんでます!』第3回

見知らぬ土地に転勤し、ママ友ゼロで子育て。たった一人での子育ては、焦り、時々、開き直る……などさまざまな感情も! そんな、日常で起きる出来事をつづったコミックエッセイです♪ 毎日12時半に、7回限定で公開中!


【漫画】私の努力は無駄!? 「正直余裕はありません。」第8回

【漫画】私の努力は無駄!? 「正直余裕はありません。」第8回

産む前は親戚プレッシャーや世間の声、ママ友に悶々として、いざ産むと決めたら問題山積み、そして産まれた後は……!?  大人気ブログ「いっちょまえ姉妹を育てています」作者による、完全描き下ろしのデビュー作です!


卵巣嚢腫とは?症状と種類、治療法、妊娠・出産への影響

卵巣嚢腫とは?症状と種類、治療法、妊娠・出産への影響

卵巣嚢腫は女性に多くみられる病気です。ほとんどが良性腫瘍ですが症状によっては手術が必要になることも。ここでは、気になる治療法と妊娠・出産への影響について詳しく解説していきます。


【漫画】ママ友なしの一人育児は大変!? 『ぼっち育児楽しんでます!』第2回

【漫画】ママ友なしの一人育児は大変!? 『ぼっち育児楽しんでます!』第2回

見知らぬ土地に転勤し、ママ友ゼロで子育て。たった一人での子育ては、焦り、時々、開き直る……などさまざまな感情も! そんな、日常で起きる出来事をつづったコミックエッセイです♪ 毎日12時半に、7回限定で公開中!


【漫画】私の努力は無駄!? 「正直余裕はありません。」第7回

【漫画】私の努力は無駄!? 「正直余裕はありません。」第7回

産む前は親戚プレッシャーや世間の声、ママ友に悶々として、いざ産むと決めたら問題山積み、そして産まれた後は……!?  大人気ブログ「いっちょまえ姉妹を育てています」作者による、完全描き下ろしのデビュー作です!


最近話題のキーワード

マイナビウーマン子育てで話題のキーワード


妊娠中期 安定期 生理 エンタメ 漫画