お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

うわ、ないわ! 彼女を“女”として見られなくなった瞬間4つ

付き合いはじめたときには、自分にとって最高の女性だったはずの彼女。でも、時間が経つにつれて彼女のことを「女性」として見られなくなることもあるようです。愛情が冷めたわけではなくても変わってしまう彼の気持ち。今回は、彼女を「女」として見られなくなった瞬間について男性たちに聞いてみました。

■恥じらいがなくなったとき

・「恥ずかしがらずに裸とかになられると、だんだん身内感が出てきて、女として見られなくなる」(28歳/その他/その他)

・「平気でげっぷをしたとき」(32歳/その他/事務系専門職)

・「自分に慣れてきてまるで男みたいに接してきたとき」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

一緒にいる時間が長いと自分を取り繕うのも疲れてくるのか、単純に相手への安心感が増したのか恥じらいを失くしてしまうことも。でも、どれだけ長くいても女性としての恥じらいを持ち続けて欲しいというのが男性の本音。すべてをさらけ出しすぎるというのも考えものですね。

■だらしなさが見えたとき

・「言葉遣いや、食べ方が汚かったりするときです」(23歳/学校・教育関連/その他)

・「口調がオンとオフで変わる」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「家事をしなくなり、働かなくなったとき」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「毛の処理がうまくできてなかったとき。単純になんか萎えてしまう」(24歳/その他/その他)

・「だらしない格好でいること。自分のことを男として見ていないとわかったときに自分も相手に女を感じなくなる」(32歳/金融・証券/営業職)

日常の中でどうしても見え隠れするだらしなさ。少しくらいなら大目に見てもらえそうですが、目に余るほどだと異性としての魅力を感じなくなるようです。彼と一緒にいるときの言動や身だしなみに気を使わなくなると、女性としての魅力もなくなるようですね。

■家族のような感覚になってきたとき

・「慣れすぎて一緒にいるのが当たり前になって女として見られなくなった」(22歳/情報・IT/技術職)

・「付き合う期間が長くなって家族みたいになったとき」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「性的対象として見られなくなったとき」(32歳/機械・精密機器/技術職)

ずっと一緒にいるのが当たり前のような存在になると、彼女ではなく「家族」のような気持ちが芽生えてくるようです。それ自体は悪いことでないにしても、結婚前から彼女のことを異性として見られないというのは恋人同士としては少し寂しい気もしますよね。

■容姿の変化

・「体形の変化。やはりおなかが出ると萎える」(38歳/その他/その他)

・「太りすぎ。性的に魅力がなくなった」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「髪型がおばさんみたいな髪型になったとき。好みの髪型でないゆえに、かわいさが半減した瞬間があったから」(29歳/その他/その他)

年齢を重ねるごとに体形が変わったり、老けたりするのはお互い様。でも、彼女の容姿が変わっていくごとに女性としての魅力がなくなってしまうという男性も。いつまでも彼に愛される彼女でいるためには、内面も含めて自分を磨く努力は怠れませんね。

■まとめ

彼から女性として認められないというのはかなりショックですが、その理由にもいろいろあるようですね。ずっと一緒にいることで相手への気遣いや思いやりがなくなると、恥じらいのなさやだらしない言動に繋がるみたいですが、そうなってしまうと男性が彼女へのときめきを失くしてしまうのも仕方のないことかも。いつまでも彼のためにキレイでいる、彼へのやさしさを持ち続ける。女として見られるためには、女性の側にも努力が必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月25日~8月26日
調査人数:366人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]