お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 節約・貯金

【夫の本音】妻がまさかの不倫! 慰謝料をもらうならいくら?

浮気をしたら「即、離婚!」と言い切る人もいますが、実際には状況に応じて夫婦生活を続けるという人もいますよね。でも、浮気をしたことは事実だし、それによって自分が傷つけられたことも確か。では、そんなときに相手から慰謝料をもらうならいくらが妥当? 今回は妻に浮気をされた場合の夫の立場から、既婚男性の意見を聞いてみました。

■自分のおこづかいが増える程度

・「毎月5万ずつずっともらいたいです」(34歳/運輸・倉庫/その他)

・「自分の遊ぶお金などが増えればそれでいい」(31歳/運輸・倉庫/その他)

・「専業主婦なので、妻は払えない。なので、毎月のおこづかいをカットして、分割で払ってもらう。全部で、100万円くらいかな」(33歳/情報・IT/技術職)

離婚しないと決めたのならそれほど慰謝料には執着しないけれど、これを機会に自分が自由に使えるお金を増やせればと考えている男性も。何もないときに「お小遣いアップして」と言っても聞いてもらえなさそうですが、浮気の慰謝料としてと言われれば妻としても断れないでしょうね。

■妻の所得を考えて……

・「300万円。所得から推測してそのくらい」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「300万円。相手に打撃があるくらいはほしいと思う」(31歳/情報・IT/技術職)

・「400万円くらい。こちらも金額よりも誠意が見たい」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

妻の所得に応じて相応の額をもらいたいという男性も。年収くらいの金額を慰謝料として請求すれば、しばらくの間は妻が自由に使えるお金もなくなるので再度浮気をするという心配もなさそう。その金額を払ってでも離婚したくないという意思を見せてくれれば、男性としても謝罪と受け止めることができるのかも。

■お灸をすえる程度

・「10万円、離婚しないならそんなにもらえないから」(27歳/農林・水産/技術職)

・「100万くらい。それくらい傷ついているから」(35歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「離婚しないのであれば50万円くらいが反省を与える程度でいい」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

離婚しないのであれば慰謝料を請求するとしても、それほどの金額は請求できないという男性もいるようです。ただ、何もなかったことにするのは気持ちも収まらないので「悪いことをした」と妻にお灸をすえる程度の金額はもらっておきたいみたいですね。

■謝罪や誠意を見せてくれればいい

・「お金ではなくて態度や言葉で誠意を見せてほしい」(34歳/電機/技術職)

・「慰謝料はいらない。一緒に生きて行く上でお金のイザコザがあるとややこしい」(30歳/その他/その他)

・「慰謝料はなしでいい。浮気されないような夫になるように努める」(34歳/自動車関連/技術職)

この先も一緒に暮らすと決めたのであれば、慰謝料を請求してゴタゴタを増やしたくないという男もいるみたいですね。浮気の事実を忘れることはできないけれど、妻から謝罪と反省の言葉がもらえればそれだけで「もう一度信じよう」という気持ちになれるようです。

■まとめ

妻に不倫をされた場合、慰謝料の請求はできるものの実際に払ってもらえたとしてもそれほど高額ではないといわれているようです。今回の回答でも「離婚をしないのであれば」ということで慰謝料については、あまり重視していない人も多そう。ただし、今後も夫婦関係を続けていくためにお金でもめたくないだけというのが本音。それよりも妻からの謝罪や今後の誠意ある対応に期待する方が、気持ちもラクになりそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数197件(25~35歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]