お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【第9話】想像以上の伏線回収と、美鳥の一言に込められた裏メッセージ

#いちばんすきな花考察

やまとなでし子

恋愛・婚活コラムニストのやまとなでし子さんが、フジテレビ木曜ドラマ『いちばんすきな花』を毎週考察&展開予想するコラムです。“男女の間に友情は成立するのか?”をテーマに、違う人生を歩んできた4人の男女が紡ぎ出す“友情”と“恋愛”を描く同作。それぞれの価値観を持つ4人が考える“本当に大切なもの”とは――。

※このコラムは『いちばんすきな花』9話までのネタバレを含んでいます。

©フジテレビ

物事の1つの側面で判断を下す人々

今回はゆくえ(多部未華子)と美鳥(田中麗奈)の出会いが明らかになりました。ゆくえが学生時代通っていた塾の講師だった美鳥。いつもニコニコ優しい美鳥は、学生からは「元ヤンだったらしい」という噂で囃し立てられ、上司の講師からは「生徒と夜中に出歩いている!」などと叱られ、みんなから嫌われていました。

しかし、生徒と夜中に出歩いている、というのはむしろ美鳥を心配したゆくえが、塾から美鳥を連れ出すためにわがままを言って呼び出していたのが真相。

真偽の分からない噂や、人から聞いた話など、自分が見聞きしたたった一つの側面で、「生徒を深夜に連れ回す悪い講師」「元ヤン」と物事を結論づける人々。どれも事実は全く違うのに。

でも、こういうことってここまでの悪意が伴わないとしても、日常でも起こりがちですよね。色々身をつまされるシーンでした。

©フジテレビ

伏線回収祭り。つながっていく運命の糸

美鳥が先生になったきっかけの一つが夜々(今田美桜)であったことも分かりました。

高校生の時、親戚の子に「みどちゃん教え方上手だね」と言われたことがきっかけだと言っていましたが、夜々の家に居候していたあの時、将棋を教えてあげたことがきっかけなのでしょう。

美鳥が母親に育児放棄されていなかったら、夜々の家には行っていませんでしたし、あの時たまたま将棋盤が目に入ったこと、夜々が母親に「将棋は男のもの」と抑圧されてやらせてもらえなかったことなど、全てが重なって初めて、あの時将棋を教えるきっかけが生まれたのです。

そして、「人から教わったものがまた、誰かにつながっていくのって面白い」とも。中学のあの日、椿と出会っていなかったら、半ば強引に将棋を始めるあの椿のキャラがなかったら……美鳥自身も将棋のやり方なんて知らず、この感情も生まれなかったわけです。

そして、ゆくえの「学校嫌いな先生がいたらいい。でも自分はなれないから他の人に任せる」という一言。これによって「学校の先生」になった美鳥。

これらがどれか一つでも欠けていたら、今の美鳥はいなかったかもしれません。運命の色んな糸が絡み合って、美鳥は高校教師という職業を選び、そして紅葉(神尾楓珠)との出会いにつながっていくわけです。

©フジテレビ

美鳥が教え、つながっていったこと

「人から教わったものが他の人につながっていくのが面白い」と、美鳥がつなげていったのは、将棋や学校の勉強だけではありません。ゆくえの価値観の一部も美鳥から形成されていることが分かりました。

ゆくえが高校時代に、男女の友情について美鳥に相談を持ちかけると、美鳥は「男女二人いたら恋愛しかありえないと思う人もいる。それはそれ。みんなもっと他人に無関心に生きたらいい。判定したくて仕方ない」と返していました。

これって、以前ゆくえが同じようなことを言っていましたよね。ゆくえの「他人の価値観を否定せず、干渉もしすぎない考え方」や、塾の生徒への寄り添い方まで美鳥とそっくりです。

こんなふうに、美鳥の価値観や人との関わり方がゆくえにつながり、ゆくえの言葉でまた誰かが救われる。そして、またその価値観が誰かにつながっていく。美鳥の夢がここでもまたかなっているのを感じて、胸が熱くなりました。

美鳥がいちばん好きな花がガーベラであることも明かされましたが、ゆくえが1話で美鳥に会いに行こうと、椿の実家の花屋で「好きな人がいちばん好きな花」と購入したのがまさにガーベラでしたね。

美鳥とゆくえと紅葉の見えないつながり

©フジテレビ

紅葉の高校時代の教師だった美鳥。「友人」という肩書きの人々との関係に疲れていた紅葉は、そこから逃げる理由として、美鳥の受け持つ数学の補修を受けていました。

美鳥はそれを全て見透かし、同調圧力に負けて、好きでもないことやってみんなに話を合わせてる紅葉の姿を批判します。その中でも「他人の噂話で盛り上がって、何が事実かには興味なくて、その場しのぎの会話ばっかり」という言葉は、美鳥が自分の学生時代のクラスメイトに向けたものでもあるように感じました。

©フジテレビ

事実を見ようとせず、噂だけで美鳥を排除してきた学生時代の人々。紅葉はそういう人間とは違うことを見抜いてここまで言い切ったのかもしれません。

辛辣だけど的を得た言葉で、紅葉は「嫌いな自分を否定してもらうことで、自分の気持ちを肯定してもらえた」と、心が救われました。

美鳥がいつもイライラして嫌われていたのは、きっと学校が嫌いだったから。そして、「学校が嫌いな先生がいてもいいんじゃない?」というゆくえの言葉があったから、心の奥底で学校を嫌う紅葉がこんな風に気持ちを理解してもらえた。

これらは美鳥の学生時代の経験があってこそですし、ゆくえとの出会いがあったから。やっぱり運命は色んな糸が絡み合っています。

やっとかなったみんなの願いと美鳥の夢

©フジテレビ

4人がそれぞれ美鳥のために願っていたこと。「自分のいたい場所に帰り、おかえりと言ってくれる人がそこにいること」「ケガをせず、帰りたい家を持てるように」「本当の姿でいられる場所で、誰かに必要とされててほしい」が今回やっとかなっていましたね。

元いた家に帰り、もう一度塾を開きたいと考えていた美鳥。今回、椿の家に行くと、4人が「おかえり」と美鳥を迎えてくれました。塾の教え子からも連絡が相次ぎ、以前、元教え子の母からも先生の塾に戻りたい、と声をかけられていました。

©フジテレビ

ありのままの姿でいることができ、教え子たちに必要とされ、帰りたい家を再度自分で購入し、皆がおかえりと迎えてくれている。皆が願い続けた美鳥の幸せがやっとかなったのだと思うと、また胸がいっぱいになりました。

美鳥の一言に込められていた裏のメッセージ

二人組が苦手という共通点で集まった4人。そんな彼らをつないでいた美鳥は「2人組が好き。安心する」と全く違う価値観を述べていました。

2人組が苦手な4人のさまざまな背景や気持ちに共感したり涙したりするだけのドラマに終わらないのが、このドラマらしいな、と感じました。

2人組が好きな人も、嫌いな人もいて、色んな価値観がある。価値観が違っても、そういう人もいるんだなと、こうやってお互いの気持ちを尊重しながら関係を築いていけるよね。というメッセージが込められていたのでしょうか。

それぞれの過去が明かされ、本当に家は売り渡されるのか、夜々の恋心はどうなっていくのか。まだまだ目が離せません! 次回を楽しみに待ちましょう!

(やまとなでし子)

※この記事は2023年12月14日に公開されたものです

やまとなでし子 (コラムニスト)

大和撫子とは対極にいるアラサーJK(女子会社員)。バチェラーを始めとした恋愛リアリティ番組、ドラマ、合コン、婚活、過去出会った世にも不思議な男性たちや日常についての備忘録をTwitterとブログで綴っている。インスタでは綺麗めファッションコーデを日々更新。

Twitter:@yamatonadeshi5
Instagram:yamatonadeshi5
ブログ:男性見聞録

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#いちばんすきな花考察」をもっと見る

MORE

SHARE

投稿は利用規約に遵守の上お願いします。