お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【婚活とお金事情】みんなが年収よりも重視している「お金の価値観」とは

#マネーニュース

エボル

松井証券は、全国の20〜40代の婚活中の男女300名(婚活者)と、婚活を経て結婚をした男女300名(婚活経験者)・合計600名を対象に「婚活とお金事情に関する実態調査」をインターネット調査にて実施しました。

「交際前、お金事情は聞きづらい」と感じている人が約9割に

「結婚相手探しの方法」は(婚活者 N=300)、「マッチングアプリ・サイト(74.0%)」「友人・知人の紹介(37.0%)」「婚活パーティー・イベント・街コン(29.7%)」が上位となりました。

「結婚相手を探す際、最初に重視する条件」は、「顔(78.7%)」「年齢(78.0%)」「年収(59.0%)」に票が集まる一方で、「お金のことは聞きたくても交際前は聞きづらい」との回答が90.4%(男性88.7%、女性92.0%)、「投資額や貯蓄額は年収よりも聞きづらい・知るきっかけがない」は85.7%に上っています。

また、「交際前のデートで実際によく話す内容」を尋ねたところ、「趣味(77.7%)」「仕事(53.0%)」「性格(38.0%)」と続き、「お金(11.7%)」は最下位であることからも、お相手のお金事情は気になるものの、聞き出すハードルは高いことがうかがえる結果となりました。

知りたいお金事情、お相手の年収よりも気になるのは?

続いて、「結婚相手を探す際、お相手のお金事情について気になるもの」を尋ねたところ、「年収(63.0%)」をおさえ、「お金の使い方の価値観(69.3%)」が最も多い結果に。

男女別では、男性は「お金の使い方の価値観(66.0%)」、女性は「年収(78.7%)」と最多得票が分かれ、男女ポイント差が最も開いた項目は「年収(男性47.3%、女性78.7%)」であることがわかりました。

結婚相手のお金事情、交際前に話したのはわずか6%!?

「結婚相手の決め手」を尋ねたところ(婚活経験者 N=300)、「性格・考え方が魅力的(78.3%)」「顔・見た目が好み(70.0%)」「お金に関する価値観が合う(68.7%)」となりました。

「お相手のお金事情について話し合ったタイミング」については、「婚約後・結婚後」が43.7%、「交際中」が41.0%、「交際前」がわずか6.0%であることが判明。相手選びで重要な要素であるにも関わらず、お金事情については結婚を決めた婚約後に話した人が多いことが明らかになりました。

続いて、「結婚前にもっと話しておけばよかったと思うこと」を聞いたところ、「お金について(35.0%)」が最も多く、「ライフプランについて(子ども有無など)(30.3%)」「家事について(25.7%)」が続く結果に。

また、48.0%が「交際開始後にお金についてギャップを感じたことがある」と回答し、その内容は「計画的に資産形成できていない(47.9%)」「マネーリテラシーが低い(25.0%)」「年収は高いが金遣いが荒い(16.7%)」と、お金事情に関するお相手との意識の違いや後悔がうかがえる結果となりました。

お金事情の話し合いが夫婦円満の秘訣!?

「ライフプランやお金のことについて、結婚相手と話せているか」を質問したところ、51.4%が「話せている」と回答。

次いで、「夫婦仲の良さ」について尋ねると、話せている家庭は68.4%、話せていない家庭は26.4%が「夫婦仲が良い」と回答し、ライフプランやお金のことについて話せている家庭の方が夫婦仲が良く、その差は42.0ポイント差となることが明らかになりました。

また、「人生の幸福度」や「将来への期待感」についても、話せている家庭の方がポイント数が高く、その差はともに45.1ポイント差に広がる結果となっています。

調査結果まとめ

今回の調査では婚活中・婚活を経て結婚をした人たち、それぞれの視点でお金事情などについて調査を実施しました。

マッチングアプリや街コンなど出会うためのツールが多様化している中で、お金に関する内容への関心は高く、パートナー選びの価値観にも紐づいていることがわかりました。

婚活中の人たちは、交際前にお金事情について聞きづらいと感じている人が非常に多く、かつ、将来のパートナーとの「お金」や「価値観」についてしっかりと話しておきたいポイントであることが判明。

婚活経験者においては、しっかりとライフプランについてパートナーと話すことで「仲の良さ」「幸福度」に繋がることが明らかとなりました。

調査概要

<婚活とお金事情に関する実態調査>
・調査方法:インターネット調査
・調査時期:2023年11月
・調査対象:
(1)婚活中の20〜40代・男女300名
(2)婚活を経て結婚をした20〜40代・男女300名、計600名
※小数点第二位を四捨五入しているため、合計が 100%にならない場合があります。
※性年代均等割付

(エボル)

※この記事は2023年12月14日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
https://e-vol.co.jp
https://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#マネーニュース」をもっと見る

MORE

SHARE