お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【気温32度の服装】おすすめのシンプル・カジュアル・きれいめコーデまとめ

気温服装

Homare

気温32度は、東京でいうと7月下旬~8月の最高気温に該当します。気温に合う服装が分からずお悩みの方も多いのでは? 今回は、気温32度の日におすすめのレディースコーデを紹介します。

1日の気温が30度を超えてくると、いよいよ本格的な夏シーズンの到来を感じますよね。暑くて出かけるのがおっくうになるという人もいるかもしれません。

そこで今回は、1年の中でも特に暑いシーズン、気温32度の真夏を乗り切るおすすめコーデを紹介していきます。

気温32度の基本情報と服装のポイント

まずは、気温32度の時期について、基本的な情報と服装選びのポイントを見ていきましょう。

気温32度になる時期はいつ?

気温32度は、東京でいうと7月下旬~8月の最高気温に該当します。

8月は1カ月の最高平均気温が32度となる年もあり、1年の中でも特に暑さの厳しい時期だといえるでしょう。

服装のポイント

真夏の暑さを回避するためには、素材やシルエットを吟味する必要があります。

おすすめなのは、吸水性に優れた綿やレーヨン、通気性の良い麻 です。夏向きの素材を取り入れるだけで、感じる暑さが変わってくるでしょう。

一方、ポリエステルは湿気や熱を逃がしにくいので、取り入れるにはコツが必要になってきます。ノースリーブのものを選んだり、ゆったりとした風通しの良いシルエットのものを選んだりして、涼しげな着こなしにしていきましょう。

また、麦わら帽子や日傘などを取り入れるなど、紫外線対策もお忘れなく。

・夏向きの素材で少しでも涼しく

・ゆったりとしたシルエットで風通し良く

・帽子や日傘といった夏アイテムも取り入れて

【夏】最高気温32度の時におすすめの服装は?

ここからは、最高気温32度の日におすすめの服装を紹介します。

今回はカジュアルコーデ、きれいめコーデ、シンプルコーデの3タイプをピックアップ。気温と季節感を意識したコーディネートを厳選したので、服装選びに悩んでいる人はぜひトライしてみてくださいね。

カジュアルコーデの場合

Tシャツやカットソーは、何枚持っておいても良い夏カジュアルの大定番ですよね。

ロゴなどがプリントされているものは、シンプルなコーデのアクセントになります。袖を少しロールアップしてあげると、普通のTシャツでもこなれ感が出せますよ。

ボトムスはリネン素材のロングスカートで風合い良くすれば、涼しげなレディースカジュアルの完成です。

きれいめコーデの場合

レディライクな夏コーデに導いてくれるのが、ワンピースアイテムです。

1枚でおしゃれに見せてくれるのはもちろん、通気性が良いので、涼しく着られるのもうれしいポイント。

ノースリーブやキャミソールタイプなら、さらっとした薄手の羽織を取り入れるのもおすすめです。熱中症対策&おしゃれ度をアップしてくれる帽子も積極的に取り入れていきましょう。

シンプルコーデの場合

見落としがちなおすすめアイテムがサマーニットです。

「ニット」と聞くと冬アイテムのイメージですが、コットン素材でざっくりとした網目のものなら、通気性が良く、暑い日でも涼しく着られるでしょう。

フレンチスリーブのものを選べば、気になる脇や二の腕を隠すことができるので、清涼感&体型カバーを両立した夏にぴったりのコーデが完成します。

夏服選びには素材にも注目してみて

いかがでしたか? 洋服を買う時は見た目やシルエットに目がいきがちですが、真夏を少しでも快適に過ごすためには素材にも注目してみましょう。

同じデザインでも生地が違うだけで通気性の良さや着心地が変わってくるので、涼しげな夏素材&夏アイテムを探してみてくださいね。

(文:Homare/イラスト:HotButteredRum)

※記事内に記載している気温は気象庁の気象データ(2013~2022年)から算出

※この記事は2023年07月21日に公開されたものです

Homare (ファッションライター)

子ども2人と楽しく過ごす働くアラフォー主婦です。
家事育児の合間にライター活動しています。
アパレル関係の会社を退職後、経験を生かしてファッション関係の記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE