お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【気温33度の服装】おすすめのシンプル・カジュアル・きれいめコーデまとめ

気温服装

ななこ

33度は、東京でいうと8月の最高気温に該当します。気温に合う服装が分からずお悩みの方も多いのでは? 今回は、気温33度の日におすすめのレディースコーデを紹介します。

気温33度は、東京でいうと8月の最高気温に該当します。そんな暑い時期に最適なのはどういう服装なのでしょうか。

今回は、気温33度の日におすすめしたいコーディネートを紹介していきます。

気温33度の基本情報と服装のポイント

まずは、気温33度の時期について、基本的な情報と服装選びのポイントを見ていきましょう。

気温33度になる時期はいつ?

気温33度は、東京でいうと8月に観測される最高気温で、1年の中でも特に暑さが厳しい時期だといえるでしょう。

最低気温が25度を超える日もあり、1日を通して暑いのが特徴です。

服装のポイント

暑さが厳しいため、半袖やノースリーブのトップスが中心となるでしょう。汗をかいた時に乾きやすいように、通気性の良い素材や吸水速乾機能のある素材を使った服がおすすめです。

33度まで気温が上がると、日差しで肌がヒリヒリする場合もあります。紫外線対策として、薄手の長袖や羽織りものがあると活躍してくれるでしょう。1枚持っておけば、冷房が効いている屋内でも体を冷やさずに済むので安心ですよ。

<POINT>・半袖やノースリーブで涼しく

・通気性の良い素材を選ぶ

・紫外線や冷房対策もしっかりと

【夏】最高気温33度の時におすすめの服装は?

ここからは、最高気温33度の時におすすめのコーディネートを紹介します。

今回はカジュアルコーデ、きれいめコーデ、シンプルコーデの3タイプをピックアップ。気温と季節感を意識して厳選したので、真夏の服装選びに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カジュアルコーデの場合

見た目が涼しげで透け感のあるトップスは、真夏のカジュアルコーデにぜひ取り入れたいアイテムです。インナーに明るい色を合わせた、夏らしい開放感のある着こなしが暑い日にぴったり。

夏服はノースリーブも多いですが、「腕を出すのが恥ずかしい!」という人も多いですよね。そんな人におすすめなのがフレンチスリーブです。肩を少し隠せるだけでなく、二の腕を細く見せる効果があるので、ノースリーブが苦手な人でも着やすいでしょう。

トップスで肌見せする分、脚の露出は減らして、だらしなく見えないようにするのがポイントです。

きれいめコーデの場合

汗がダラダラと流れるような暑い日のきれいめコーデは、清潔感を大切にしたいですね。

コットン素材のサマーニットに柄スカートを合わせれば、清楚な雰囲気になるでしょう。アンサンブルのカーディガンがあれば、屋内での冷房対策もばっちりです。

スカート丈は長すぎたり短すぎたりするとカジュアルに見えてしまうので、後ろから見た時に膝裏が見えないくらいの丈がおすすめです。

シンプルコーデの場合

暑い時期は薄い生地の服を選びがちなので、下着や体のラインが透けていた……という失敗を経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

そんな真夏には、体にピタッと張り付かない、少しゆとりのあるシルエットのトップスとパンツを選ぶのがおすすめです。

アンダーウェアで透けないようにするのも大切ですが、体にフィットしすぎない服には「風通しが良くて涼しい」というメリットもあるので、暑い夏にぴったりでしょう。

さらに、コーディネートを2〜3色以内でシンプルにまとめると、見た目もすっきりと涼しげになりますよ。

真夏に合う服装選びで暑い時期もおしゃれに

とにかく涼しい服を選びたい! と思ってしまう気温33度の時期ですが、肌見せしすぎると子どもっぽく見えてしまったり、だらしなく見えてしまったりする可能性も。

大人女子にちょうどいい真夏の着こなしで、暑い時期もおしゃれを楽しみましょう。

また、羽織りものを活用して冷房や紫外線の対策を行うのもお忘れなく!

(文:ななこ/イラスト:HotButteredRum)

※記事内に記載している気温は気象庁の気象データ(2013~2022年)から算出

※この記事は2023年07月21日に公開されたものです

ななこ (ファッションライター・ブロガー)

ファッションライター・ブロガー。

アパレルの仕事に15年従事したのち、妊娠出産をきっかけに退職。
現在はファッションライター・ブロガーとして活躍中。

年齢や体型にとらわれず、毎日の暮らしがちょっと楽しくなるような、「手がとどくおしゃれ」を提案するのを得意としています。

この著者の記事一覧 

SHARE