お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ご連絡差し上げます」は丁寧な表現? 意味と正しい使い方を解説

にほんご倶楽部

ビジネスシーンでよく見聞きする言葉「ご連絡差し上げます」。この表現は、敬語として本当に丁寧なのでしょうか? この記事では、「ご連絡差し上げます」の正しい意味と使い方、使用時の注意点を詳しく解説します。

「ご連絡差し上げる」は取引先やお客様に「後から連絡する」ことを伝える謙譲語です。みなさんもビジネスシーンで目にする機会が多くあるのではないでしょうか。

しかしふとした瞬間に「この表現で本当に合っているのか……」と不安になることはありませんか?

そこでこの記事では、「ご連絡差し上げます」の意味や正しい使い方、使用する時の注意点、言い換え表現を詳しく解説していきます。ぜひ参考にして、ビジネスシーンで活用してみてください。

「ご連絡差し上げます」の意味とは

「ご連絡差し上げます」は「連絡」を丁寧語にした「ご連絡」に「差し上げる」を組み合わせた言葉です。

「差し上げる」はよく耳にしますが、そもそもどんな意味があるのでしょうか。まずは「差し上げる」の意味を詳しく見ていきましょう。

さし‐あ・げる【差(し)上げる】
読み方:さしあげる
1 手に持って高く上げる。「バーベルを—・げる」
2 「与える」「やる」の意の謙譲語で、その相手を敬う。「この花を—・げます」
3 声を高く出す。
「細くらうたげなる声を—・げて泣く泣く飲む」〈宇治拾遺・九〉
4 (補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて、「…してあげる」の「あげる」よりも、その動作の相手へより深い敬意を込めていう語。「荷物を持って—・げましょう」

出典:『デジタル大辞泉』(小学館)

今回の「ご連絡差し上げます」の場合は(4)の意味に該当し、自分自身がへりくだる時や、自分を一段階下にして相手を立てる時の表現とされています。

「ご連絡差し上げます」は二重敬語?

この言葉を使用する時、「ご連絡」と「差し上げます」という敬語が重複しているように見え、「二重敬語になるのでは?」と不安になる人がいるかもしれません。

実は「ご~差し上げる」で1つの謙譲語表現として用いられるため二重敬語には当たらず、日本語として適切な表現になります。

次ページ:「ご連絡差し上げます」の使い方と例文

SHARE