お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

リキッドアイブロウの使い方とは? 注意点と選び方も紹介

BEAUTY MANIA

リキッドアイブロウは、1本持っておくと便利なアイテム。とはいえ、使い方が分からず手を出せていない人はいるかもしれません。そこで今回は、リキッドアイブロウの基本的な使い方を解説。また、使う時の注意点と選び方も紹介します。

リキッドアイブロウは、眉が足りない部分へ自然に描き足せる便利なアイテムです。比較的落ちにくく、1本1本描いた眉毛を長時間キープしやすいのも特徴。

そのため、元々眉毛が薄かったり、眉頭にしか毛が生えていない「まろ眉」だったりする人には特におすすめです。

しかし、「眉毛を描き足すと不自然になりそう」「リキッドは使い慣れていないから失敗しそうで不安」という人もいるでしょう。

そこで今回は、リキッドアイブロウの基本的な使い方を解説。また、使う時の注意点と選び方も紹介します。

リキッドアイブロウの使い方

それではさっそく、リキッドアイブロウの使い方を見ていきましょう。

リキッドアイブロウはさまざまな使い方ができますが、今回はアイブロウパウダーと併用する方法を紹介します。

STEP1:毛が足りない部分に1本ずつ描き足す

まずはリキッドアイブロウを使って、毛が少ない部分へ1本1本眉毛を描き足します。ベタッとならないよう、筆先をサッと動かすのがポイント。

上図を参考にしつつ自分の眉毛も観察し、毛並みに沿って描いていきましょう。全部描くのではなく、肌が見えている部分だけでOKです。

STEP2:アイブロウパウダーを乗せる

ブラシにアイブロウパウダーを取り、眉頭手前~眉尻へ色を乗せていきます。

眉山付近が一番濃く、眉頭・眉尻にかけて少しずつ薄くなるようなグラデーションを意識すると立体的な仕上がりに。

眉頭はあまり濃いと悪目立ちするので、薄く色を乗せるだけにとどめます。パウダーは取り直さず、ブラシに残った分をふんわり肌へ広げましょう。

元々眉頭に毛がしっかり生えているなら、パウダーは乗せなくてもOKです。

STEP3:スクリューブラシで整える

全体をなじませるため、スクリューブラシでぼかします。

眉上を斜め下方向へ、眉頭を眉間へ向かって数回ブラッシングしましょう。

次ページ:リキッドアイブロウを使う時の注意点

SHARE