お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

だるっ。男性が「既読無視」したくなるLINEの特徴3つ

#LINE道場

TETUYA

LINE道場が新しくなって再スタート! 好きな人に送るLINEから、職場の上司に送るLINEまで。毎日使えるLINEテクニックとよくあるLINEのお悩みを、恋愛コラムニストのTETUYAさんが男性目線で解説します!

LINEを使って相手の心をつかみたい、相手と円滑にコミュニケーションを取りたい、と思っても、なんて送ればいいのか悩む女性も多いはず。そんな時に使えるLINEのテクニックを、恋愛コラムニストのTETUYAさんに男性目線で教えてもらいます。

今回は「男性が既読無視したくなるLINEの特徴」です。

既読無視したくなるのには、それなりの理由がちゃんとあるもの。特に男性の場合、一番多いパターンが、彼女じゃないけど彼女ぶるタイプからのLINE。

仮に彼女なら、ある程度の愚痴、不満は、受け入れて、ちゃんと消化するのは彼氏の果たすべき役目。ただ、彼女でもないのに、“彼女ぶるLINE”をされると、面倒くさくなって既読無視の対象になってしまう。例えば、どのようなLINEなのか、これから、具体的に紹介していく。

1.褒めてアピール

「褒めてほしい」や「癒やしてほしい」などの言葉は、彼女だからこそ許される“特権フレーズ”。これを彼女でもない子に言われ過ぎると、ちょっとウザイ。しかも、こっちが仕事などで疲れてる時なら、なおさら既読無視したくなる。

2.どうでもいい報告

「今日、買い物して来たよ」「今日、ずっと洗濯して疲れた」みたいな、「で……?」と男がリアクションに困るLINE。俺のこと、暇だと思ってるのかな? と言いたくなる。

3.Yes or Noで答えられない質問

「〇〇ついてどう思う?」のような、返信するのに考える時間がかかるもの。特に、長文であればあるほど、後で考えようと思って返信を後回しにしがち。すると、結局返信するのを忘れて既読無視で終了なんてことも多いです。

相手も暇じゃないということを忘れずに

既読無視されるLINEの特徴はどうだった? そもそも、その子が、彼女、もしくは、気になる女性なら何ら問題なく既読無視はされないはず(苦笑)。

ただ、その男性にとって“気になる女子カテゴリー”に入ってない場合は、ここで紹介したLINEは避けた方がいい。もしLINEを送るにしても、「忙しいところごめんね」の一言をつけるだけでも、既読無視される確率はグッと減ると思う。

ようは、相手の男性も暇じゃないので、負担にならないようなメッセージを送ることを意識するといいですよ。

(TETUYA)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月07日に公開されたものです

TETUYA (恋愛コラムニスト)

小栗旬似の色気のある声で、恋愛に必要な「人たらし」の極意を、音声プラットフォームアプリ「stand.fm」、そして、恋愛ポエムをSNSアプリ「TikTok」で配信中。

TikTok:https://www.tiktok.com/@tetuyarenai
stand.fm:https://stand.fm/channels/5fec2ddf1f63b1cf681399a7
twitter:https://twitter.com/tetuya_1976

この著者の記事一覧 

SHARE