お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

この苦労分かる……!!!  働く女子が大共感した映画『ハケンアニメ!』

はたらくmuseシネマ部

はたらくmuse

今注目の映画を、マイナビウーマン読者アンバサダー「はたらくmuse」が鑑賞! 等身大の働く女性ならではの映画レビューをお届けします。

今回レビューする映画は、2022年5月20日(金)公開の映画『ハケンアニメ!』。

本作は、日本のアニメ業界を舞台に、最も成功したアニメの称号=「ハケン(覇権)」を手にすべく闘う者たちの姿を描いた究極の“胸熱”お仕事ムービー。

一世一代の大チャンスを掴んだ新人監督・斎藤瞳を吉岡里帆さん、彼女のライバルとなる天才ワガママ監督・王子千晴を中村倫也さん、瞳を振り回すつかみどころのない超クセ者プロデューサー・行城理を柄本佑さん、王子の才能に人生を懸ける作品命のプロデューサー・有科香屋子を尾野真千子さんが演じます。

「日本中に最高のアニメを届けたい」という熱い“想い”をばねに、一筋縄じゃいかないスタッフや声優たちも巻き込んで奮闘する瞳の姿は、誰しもが共感すること間違いなし!  日々仕事と向き合い頑張っている人々にぜひ見てほしい作品です。

この映画を一足先に鑑賞した、マイナビウーマン読者アンバサダー「はたらくmuse」の2人に感想コメントをいただきました!

はたらくmuse×『ハケンアニメ!』レビュー

Manaさん(教育関係/35歳/@m.lyphard_melody

仕事観を見直すきっかけに

普段アニメは見ないのですが、吉岡里帆さん演じる斎藤瞳監督が「自分の作るアニメによって多くの人の人生を明るくしたい」という作品へ対する熱い思いに共感し、今回試写会に参加しました。

一番印象に残ったのは、柄本佑さん演じる行城理プロデューサーが語った「仕事観」に対する言葉でした。

本作には、目先の仕事だけを処理して満足するのではなく、将来のために勉強をしたり、苦労することに進んで取り組んだり、さまざまな体験を積極的にすることが大切だと、気づかされた気がします。今後の仕事観を見直すことができる映画でした!

 

 

ばなおさん(ヨガインストラクター/35歳/@rii_nostalgia

会社員時代の苦労と重なり大共感!!!

登場人物の中で一番共感したのは尾野真知子さん演じるプロデューサーの有科さん。苦しみながらも作品を作る王子監督を尊重しながら、局の意向や制作側との調整を丁寧に行い、最終的にはスケジュール通り、そしてみんながハッピーになるように進行させていくその手腕はとってもかっこよかったです!

営業職時代にお客様とエンジニアの間に立つことが多かった私は、「自分でものづくりができたら……」と悔しい思いをすることも多々ありました。でも色んな方の力を借りて乗り越えられたこと、仲間を大切にする気持ちなど、得られたことも大きかったはずだと映画を通じて懐かしむことができました。

 

 

『ハケンアニメ!』

出演:吉岡里帆 中村倫也 工藤阿須加 小野花梨 高野麻里佳 六角精児 柄本 佑 尾野真千子
原作:辻村深月「ハケンアニメ!」(マガジンハウス刊)
監督:吉野耕平
脚本:政池洋佑
配給:東映
©️2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

※この記事は2022年05月20日に公開されたものです

はたらくmuse

マイナビウーマンの読者代表アンバサダー。SNSでの情報発信や企画会議への参加など、編集部と一緒にマイナビウーマンを盛り上げていきます。

はたらくmuse特設ページはこちら

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「はたらくmuseシネマ部」をもっと見る

MORE

SHARE