お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

セクシーとエロスが入り乱れる美しい映画。『帰らない日曜日』日本公開

#エンタメニュース

エボル

5月27日、映画『帰らない日曜日』が日本で公開されます。同作は、第74回カンヌ国際映画祭をはじめ、世界中の映画祭に出品され高評価を獲得し、第88回アカデミー賞6部門にノミネートされた『キャロル』のプロデューサーが贈る最新作となっています。

カズオ・イシグロ絶賛の小説を映画化!

原作は、ノーベル賞作家のカズオ・イシグロや、ニューヨーカー誌、タイム紙などに絶賛された小説『マザリング・サンデー』。

舞台は1924年、第一次世界大戦後のイギリス。天涯孤独なメイドのジェーンは英国名家の跡継ぎのポールとの秘密の恋に身も心も捧げるが、たった一日のある出来事が、すべてを変えてしまうーーといったストーリーが展開されます。

監督は、カンヌ国際映画祭常連のエヴァ・ユッソン。いま大注目の新星女優オデッサ・ヤングと、大人気ドラマ『ザ・クラウン』で各賞を席巻した人気急上昇中の英国俳優ジョシュ・オコナーがW主演を務めています。

さらに、『英国王のスピーチ』のコリン・ファースと『女王陛下のお気に入り』のオリヴィア・コールマンというアカデミー賞受賞俳優の贅沢な共演が実現。絵画のようなイギリスの風景、そして匂い立つエレガントな官能。秘密の恋に陶酔する、眩いほどに美しい愛の物語が誕生したとの評価が寄せられています。

各界の著名人より、コメント&イラストが到着

今回、一足先に同作を鑑賞した各界の著名人より、コメント&イラストが到着しています。

詩人の谷川俊太郎さんは、「映画にしか描けない三月のその一日、そこからの人生の深い味わいが身に沁みます」と、たった一日の出来事から始まる物語の奥行を感じさせる言葉を寄せています。

タレントの YOUさんは「この身ひとつ これから手に入れてゆくだけ 失うものは何もない 生まれた時に奪われていた。こんなに強い言葉を聞いたことがない。失うものに囲まれた自分が、疎ましい」と、劇中の印象的なセリフを挙げコメントしています。

また、映画コメンテーターのLiLiCoさんは、「太陽の光も風に靡く木々も妖しく感じる。禁じられた愛だからこそ記憶に残る。孤独、悲しみ、欲望とセクシーとエロスが入り乱れる美しい1本」と、甘美な愛の物語を絶賛しています。

そのほか、漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんは、「身分違いでも他に相手がいても、心も体も裸になれるのが運命の相手だという真理に気付かされました」。作家の山内マリコさんは、「身一つしか持たない少女が、人生という冒険の海原へ出られるかの分岐点。若き日を演じるオデッサ・ヤングがまばゆい。その老年期をグレンダ・ジャクソンが演じるなんて、それだけで映画ファンにはギフトだ」と、豪華キャストの競演に期待を寄せています。

ほかにも、金原瑞人氏、ピーター・バラカン氏、松尾貴史氏、五月女ケイ子氏ら、11名の著名人から熱いコメントが、辛酸なめ子氏と五月女ケイ子氏からは印象的な場面を切り取ったイラストが到着しています。

五月女ケイ子さんイラスト

辛酸なめ子さんイラスト

いよいよ5月27日の公開を前に益々盛り上がりを見せる本作。各界の著名人も絶賛する美しい愛の物語にどうぞご期待ください。

あらすじ

1924年、初夏のように暖かな 3 月の日曜日。その日は、イギリス中のメイドが年に一度の里帰りを許される〈母の日〉。けれどニヴン家で働く孤児院育ちのジェーンに帰る家はなかった。そんな彼女のもとへ、秘密の関係を続けるアプリィ家の跡継ぎのポールから、「11時に正面玄関へ」という誘いが舞い込む。幼馴染のエマとの結婚式を控えるポールは、前祝いの昼食会への遅刻を決め込み、邸の寝室でジェーンと抱き合う。やがてポールは昼食会へと向かい、ジェーンは広大な無人の館を一糸まとわぬ姿で探索する。だが 、ニヴン家に戻ったジェーンを、思わぬ知らせが待っていた。今、小説家になったジェーンは振り返る。彼女の人生を永遠に変えた日のことを──。

映画概要

『帰らない日曜日』

2022年5月27日
新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋ほか全国公開

(エボル)

※この記事は2022年05月22日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
http://e-vol.co.jp
http://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#エンタメニュース」をもっと見る

MORE

SHARE