お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

器が小さい人の特徴4つ。器が小さい彼氏や彼女、上司への接し方も解説

にほんご倶楽部

器が小さい人は、相手に対してなかなか寛容になれません。そのため彼氏や彼女、上司の器が小さいと、付き合いにくいと感じることもあるでしょう。この記事では、器が小さい人の特徴と、器が小さい人への接し方を紹介します。

器が小さい人は、小さいことでイライラしがち。そのため、器が小さい人に対して「接しにくい」と感じる人もいるかもしれません。

特に、なかなか付き合いを絶つことが難しい相手の場合、今後の対応に迷うこともあるでしょう。

そこでこの記事では、器が小さい人の特徴や接し方を解説します。

そもそも「器が小さい」の意味とは?

本題に入る前に、「器が小さい」の意味を確認しておきましょう。辞書で調べると、以下のように記載されています。

器が小さい
読み方:うつわがちいさい
容器の容量が少ないさま。すこししか入らないさま。人格や器量、才能が乏しいさまなどを表すことも多い。
(出典:『実用日本語表現辞典』)

人の性格について言う時は、「人格や器量、才能が乏しいさま」の意味が当てはまります。

次ページ:器が小さい人の特徴4つ【男女共通】

SHARE