お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

風呂敷をエコバッグ代わりにするには? 簡単な結び方2パターン

moeka

風呂敷でエコバックを作る方法とは? 写真つきで「シンプルバッグ」と「クイック瓶包み」の2パターンの作り方を解説。風呂敷を1枚持ち歩いて、エコバッグの代わりにしてみましょう。

日本の伝統的なアイテム「風呂敷」。風呂敷は何かを包むだけでなく、結ぶとエコバッグとしても使えます。

1枚の布という特性上、エコバッグよりもかさばらないので、小さくして持ち歩きやすいのも魅力です。

今回は、そんな風呂敷を、エコバッグとして使う時の結び方を紹介します。

そもそも風呂敷とは?

風呂敷は、名前の通り「お風呂」で使われていたことが語源となっています。

その昔、お風呂に入る際に他人の衣類と紛れないよう、自分の家紋の入った布に脱いだ衣類を包んでいたのが風呂敷とされます。また、お風呂からあがった際には、足下に風呂敷を敷いてその上で身支度をしたという説も。

時代が移り変わると共に荷物を運ぶために使われるようになったり、贈り物を包むのに使われるようになったりと、さまざまな用途で用いられるようになりました。

次ページ:風呂敷でエコバッグを作る方法

SHARE