お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

倦怠期はいつまで続く? 期間や乗り越える方法を紹介

朝谷のも

倦怠期の期間は、いつからいつまで続くものなのでしょうか? 今回は倦怠期の期間や乗り越える方法を紹介します。

恋人と付き合いたては楽しくて盛り上がっていたのに、「いつの間にか倦怠期に陥っていた」と悩む人は多いものです。

倦怠期に陥ると気になるのが、どれくらいの期間続くのか。このまま解消されずに別れてしまうのだろうかと、不安にもなりますよね。

この記事では、倦怠期の期間が一般的にどれくらい続くのか、またその乗り越え方について紹介します。倦怠期に突入したのではないかと不安になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

倦怠期はどれぐらいの期間続くもの?

倦怠期になった時、どのぐらいの期間続くものなのでしょうか?

1カ月未満が多い

倦怠期を来ても、多くのカップルが1カ月未満で仲直りをすることが多いでしょう。

しかし中には、倦怠期からそのまま別れてしまうパターンもあります。これは倦怠期というよりも愛情が冷めてしまったパターンと考えた方がいいでしょう。距離を置いても寂しさなどが感じられないと、そのまま別れてしまうこともあります。

長くても3カ月が目安

倦怠期が来ても本当に相手のことを好きだと感じていたら、その気持ちに行動がついていくものです。そして、その目安が3カ月です。

逆に3カ月以上経っても2人の関係が元に戻らなければ、自分の愛情が冷めきっている可能性が大きいと考えてもいいでしょう。

また、同棲まで始めてしまっていると、別れるに別れられず、だらだらと付き合いを続けてしまう人もいるようです。そのような場合は、倦怠期のまま1年以上が経過してしまうケースもあります。

次ページ:倦怠期を上手に乗り越える方法

SHARE