お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人に嫌われたかも。原因や謝り方、関係の修復方法を解説

汐見でこ

好きな人に嫌われた時の挽回方法4選

嫌われてしまったことで落ち込んだり、後悔したりするよりも、大切なのはどのように挽回していくかを考えることです。

ここからは、好きな人に嫌われた時の挽回方法を5つ挙げます。

(1)悪いところを改める

自分の言動に悪いところがあったなら、今この瞬間から改めるよう努力することが大切です。

言動の上辺だけを変えるのではなく、偏見や間違った考え方を根本から変える必要がある場合も。また、「直す」という言葉を伝えて謝るのではなく、行動で示した方が相手に本気が伝わるはずです。

時間がかかることもありますが、自分が向上する良い機会と捉え、積極的にトライしてみましょう。

(2)相手の気持ちを聞く

相手がなぜ自分を嫌いになってしまったのか、もし機会があれば本人に率直に聞いてみるのも1つの方法です。勇気のいることですが、一番早く問題が解決する可能性もあります。

もし相手が気持ちを話してくれたら、言い訳や反論をせず、とりあえずは最後まで聞くことが大切。

その上で、誤解があれば「自分にはそんな意図はなかった」と説明して分かってもらいましょう。

(3)相手に謝る

嫌われた原因が自分の間違った言動にあったことがはっきりと分かっているなら、きっちり相手に謝りましょう。

相手があなたに持ってしまったネガティブな感情を完全に取り去れないかもしれません。しかし、少なくとも誠意は伝わります。

「傷つけてごめん」「あの時の言葉は失礼でした。ごめんなさい」など、何が良くなかったのか具体的に付け加えると、反省の気持ちがより届きますよ。

謝りたくても会えない時はどうする?

謝りたくても好きな人に会ってもらえない時、もしも連絡が取れるならばLINEなどでメッセージを送ってみましょう。

また、LINEを送っても返信が来ない、ブロックされているといった場合は、第三者を通じて連絡を取る方法も。

共通の友達や知り合いを通じて、謝罪したいことを伝えてみましょう。

(4)距離を置く

話しかけても応じてもらえない・挨拶を無視されるなど、好きな人があなたとのコミュニケーションを拒否しているのなら、深追いせず一旦相手へのアプローチを控えるのがおすすめ。

相手が自分の言動に怒ったり傷ついたりしていた場合、怒りや悲しみが鎮まるまでには時間がかかることも。そんな時、過度なアプローチは逆効果です。

あえて顔を合わせないことで、好きな人と自分の心理状態を落ち着かせましょう。

次ページ:好きな人を忘れたい時にやるべきこと

SHARE