お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人に嫌われたかも。原因や謝り方、関係の修復方法を解説

汐見でこ

好きな人に嫌われる男女の特徴

人によって、何が地雷かは異なります。そのため、好きな人に嫌われてしまったからと言って、あなたが以下のような特徴に必ず当てはまるというわけではありません。

とはいえ、もしも当てはまるものがあるならば、改善することで好きな人との関係を修復できる可能性があります。

ここからは、好きな人に嫌われてしまいやすい男女の特徴をいくつか挙げていきます。

(1)冗談と愚痴の境界線があいまいになりがち

好きな人と一緒にいると、つい楽しくなって会話が盛り上がりますよね。話好きな人は、冗談を言って相手を笑わせようとしているかもしれません。

そんなあなたと過ごす時間はとても楽しいもののはずですが、冗談のような言い方でも「あなたって本当○○だよね(笑)」「そんなんでよく○○できたね」といった言葉は相手を傷つけることもあります。

面白おかしい言い方に変えていても、相手には自分に対する愚痴のように聞こえてしまうのかも。

(2)好きな人に心を許しすぎている

好きな人に心を許せるのは本当にすてきなことです。それ自体は否定されるべきものではありません。

しかし、心を許しすぎたあまり相手を雑に扱ってしまったり、過度な下ネタで下品な印象を与えてしまったりしたことが、相手の怒りを買った可能性も。

一緒にいて自然体でいられるような関係性でも、思いやりを持って接することが大切です。

(3)急に距離を詰めようとする

誰だって、好きな人との距離を縮めたいと思っています。その気持ちは自然なものですが、距離の詰め方を間違えてしまうと相手を怒らせたり、引かれてしまったりするかもしれません。

いきなりスキンシップをとろうとした、付き合っていないのになれなれしい態度をとったなど、相手の気持ちが追いついていないうちに距離を縮めようとしてしまった可能性も。

(4)けんかになるとすぐに泣く

好きな人とけんかになるのは悲しいことです。しかし、すぐに泣いてしまい建設的な話し合いができないと、「付き合いきれない」と相手に思われてしまう可能性があります。

けんかになる=それだけ関係性が深まった、意見をすり合わせていくことでもっと良い関係になれるということでもあります。

意見がぶつかったことでパニックにならず、冷静に対処していきたいですね。

(5)「嫌われたくない」という気持ちが強すぎる

意外に、このパターンもあるかもしれません。相手に嫌われることを過度に恐れて尽くしすぎてしまったり、不安になってしつこい連絡を繰り返したり。

そうした行動が相手にとっては重く、「嫌いになったわけではないけれど、一緒にいるのは無理だ」と感じ、避けられている可能性もあり得ます。

好きな人に嫌われたくない気持ちは自然なものです。それでも、時には相手と自分を信じることが必要だと言えるでしょう。

次ページ:好きな人に嫌われた時の挽回方法4選

SHARE