お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人の顔を思い出せないのはなぜ!? 専門家が原因を解説

高見綾(心理カウンセラー)

好きな人の顔を思い出せない現象はなぜ起こる? 好きなのに思い出せない理由を、心理カウンセラーの高見綾さんが分析。思い出す方法と一緒に見ていきましょう。

好きな人の顔を思い出せない現象はなぜ起こる? 好きなのに思い出せない理由を、心理カウンセラーの高見綾さんが分析。思い出す方法と一緒に見ていきましょう。


好きな人の顔が思い出せない……。こんな経験はありませんか?

友人知人の顔は思い出せるのに、好きな人の顔はしばらく会っていないとぼんやりしてしまう……ということがあるかもしれません。

この不思議でちょっぴり切ない現象について、今回詳しく解説します。心理カウンセラーの視点から、思い出せなくなる原因とその対処法について考えていきます。

好きな人の顔が思い出せない現象って何?

そもそも、好きな人の顔が思い出せない現象はよくあることなのでしょうか。なぜこうしたことが起こるのかも見ていきましょう。

有名な歌にも出てくる「顔が思い出せない現象」

好きな人なのに、なぜか顔がぼんやりとしか思い出せない。そんな現象は、有名な歌の歌詞にもなっています。

スピッツの『恋のはじまり』では「思い出せないのは君だけ」と歌われ、槇原敬之の『モンタージュ』でも「思い出してみる 君がどんな顔だったか」というフレーズが出てくる……。全員に起こるわけではありませんが、この現象に共感する人も多いようです。

未だ心理学では解明されていない!?

心理学ではこの現象の原因について、はっきりとしたものは未だ解明されていません。

ただし、精神分析の創始者フロイトが提唱した「心理的な抑圧」で説明できるのではないかとする説もあります。

心理的な抑圧とは、自分を守るために、不都合な記憶や感情・欲求などを無意識下で抑圧して、思い出さないようにする心の働きです。

この防衛のメカニズムが働いて、好きな人の顔が思い出せなくなっているのではないかとする意見もあるのです。このように、考えられる原因については、フロイトの説を含め、次頁にて詳しく述べていきます。

次ページ:好きな人の顔が思い出せなくなる原因

SHARE