お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「お手数ですが」の正しい使い方は? 意味・言い換え表現【例文つき】

前田めぐる(ライティングコーチ・文章術講師)

ビジネスメールでも頻出する「お手数ですが」というフレーズ。「お手数ですがよろしくお願いします」など、クッション言葉としても使い勝手がいい言葉ですが、誤った使い方をしていませんか? 今回はライティングコーチの前田めぐるさんに、意味や使い方、言い換え表現を紹介してもらいます。

「お手数ですが」は、ビジネスシーンでもプライベートでもよく使われる言葉です。

このように、言い出しにくいことをやんわりと伝えるための言葉は「クッション言葉」と呼ばれます。

今回は、「お手数ですが」の意味や使い方とともに、その他のクッション言葉も紹介します。

「お手数ですが」の意味は? 目上の人にも使える?

まずは「お手数ですが」の意味を改めて確認した上で、目上の人へ使える言葉なのかどうかもあわせて確認しましょう

「お手数ですが」の意味

「お手数ですが」の「手数」を辞書で引くと、次のように書かれています。

てすう・てかず【手数】
(1)それに施すべき手段の数。
(2)その物事または他人のために特に力を尽くすこと。骨折り。面倒。
(3)ボクシングで、パンチを繰り返す回数。
(『広辞苑 第七版』岩波書店)

「お手数ですが」の場合の「手数」は、(2)の意味です。

何らかの物事や、他人のために力を尽くしたり、骨を折ったりすることを意味します。

「お手数」は、その「手数」に「お」をつけた尊敬語です。

また「ですが」は、よくクッション言葉と呼ばれる言葉の最後につける語句で、あらかじめ断りを入れたい場合に使います。

以上のことから、「お手数ですが」は、自分が面倒なことを頼もうとする相手に対して、「これから私が言うことは、あなたに面倒をかけることになりますが」と、事前に断りを入れる意味のクッション言葉です。

「お手数ですが」は目上の人にも使える敬語

「お手数ですが」を分解すると次のようになります。

・「お手数」→「手数」に「お」をつけた尊敬語

・「です」→丁寧語

・「が」→接続詞

つまり、「お手数ですが」というフレーズは、尊敬語と丁寧語を使って構成されており、敬語として成り立っています。

そのため、目上の人に対しても使えるフレーズです。

例文

・課長、お手数ですが、お手すきの際、こちらの書類にお目通し願えませんでしょうか。

・先ほど、○○社の○○さまよりお電話がございました。お手数ですが、○○さまにおかけいただけますか?

目上の相手に対しては、上記例文のように「書類に目を通してほしい」「(取引先に)電話をかけてほしい」ということを、敬意を持って伝えるようにすると良いでしょう。

次ページ:「お手数ですが」はどんな時に使えるのか?(例文つき)

SHARE