お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「とりあえずお疲れ」とは? 意味と由来を解説

aoi okamoto

「とりあえずお疲れ」は、相手をねぎらう意味で使われることが多い言葉。ですが、実は不倫や浮気を連想させる言葉だったともいわれており、使う時には少し注意が必要。「とりあえずお疲れ」の意味や使い方、注意点を紹介します。

「とりあえずお疲れ」という言葉を聞いたことがありますか?

「仕事疲れたね、とりあえずお疲れ~」といったように軽い感じで使えそうなニュアンスを含んでいる言葉ですが、捉え方によってはネガティブな意味に聞こえる場合も。

今回は、「とりあえずお疲れ」というネットスラングが有名になった由来や大元のネタを紹介します。

「とりあえずお疲れ」とは

「とりあえずお疲れ」というフレーズを聞いたことがありますか? 単語だけを聞くと相手を気遣ったりねぎらったりする表現に聞こえますが、実は少しセンシティブな意味も含まれています。

まずは、「とりあえずお疲れ」の意味と由来を見ていきましょう。

「とりあえずお疲れ」の意味

「とりあえずお疲れ」は、単語を見ると、「お疲れ」が含まれているので基本的には相手をねぎらう意味で使われます。

「とりあえずお疲れ様」というように「とりあえず」、つまりいったんはお疲れ様というニュアンスが含まれています。

よく学生などの若い世代の間で使われていることもあり、SNSなどのネット上で使われる機会が多くなってきています。

「とりあえずお疲れ」の由来は?

「とりあえずお疲れ」の由来は、あるスポーツ選手の発言が元ネタになっているのではといわれています。

とあるスポーツ選手が、奥さんの出産に立ち会った時の出来事です。

奥さんは無事に赤ちゃんを出産したのですが、生まれてきた赤ちゃんの肌の色を見て、自分との間にできた子どもではないと気づいてしまったのです。

そのスポーツ選手は生まれた赤ちゃんを見て唖然としていたようですが、その時に思わず発した言葉が「とりあえずお疲れ」だったといわれています。

このような元ネタから、「とりあえずお疲れ」は不倫や浮気に関する話題の時に使われるようになったのではと考えられます。

とはいえ、このスポーツ選手の「とりあえずお疲れ」という発言に関しては明確な証拠がなく、うわさ話にすぎません。いわゆる都市伝説的な意味で現在もネットなどに情報が拡散しています。

次ページ:「とりあえずお疲れ」はどのように使われている?

SHARE