お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼女へのLINE(ライン)の送り方は? 頻度や話題についても解説

朝谷のも

彼女とLINEをしていて、返信の頻度や内容について「これでいいのかな?」と迷うこともあると思います。あるいは、彼女からのLINEがなんだかそっけなくて、不安を感じているという男性もいるかもしれません。そこで、この記事では彼女へのLINEの頻度や話題の探し方について解説します。

恋人との毎日のコミュニケーションに欠かせないツールといえば「LINE(ライン)」ですよね。

しかし、返信の頻度や内容など、彼女へどのようにLINEを送るべきか悩んでいる男性もいるのではないでしょうか?

LINEは、彼女との関係を良好に、あるいは長続きさせる手段にもなります。

ぜひ、この記事の内容を参考にして彼女にLINEを送ってみてください。

彼女へのLINEの送り方

長続きするカップルは、LINEの返信の頻度など、お互いに気遣いができています。LINEのコツをつかんで長続きするカップルを目指しましょう。

LINEの頻度

お互いに心地よくやりとりをするには、どのような頻度でLINEを送ればいいのでしょうか?

(1)返信の頻度は彼女に合わせる

LINEの最適な頻度は人それぞれです。

彼女に「居心地の良い関係」だと感じてもらえるよう、彼女のペースに合わせ、一方通行にならないようにしましょう。

例えば、忙しくてなかなかスマホをチェックできない彼女に、間隔を空けずにLINEを送ると「忙しいのに返信しなければならない」というストレスを感じさせてしまいます。

逆に、返信が早い彼女に対してのんびり返信していると、彼女を不安にさせてしまうかもしれません。

無理のない範囲で、なるべく彼女のペースに合わせて返信してみましょう。

(2)返信の催促をしない

彼女にすぐに返信を求めたり、「どうして既読無視するの?」といったメッセージを送ったりするのはNGです。

相手のストレスになり「面倒くさい」「重たい」と思われてしまうこともあります。

「すぐに返信がなくてもお互い気にしない」というのは信頼関係ができている証拠です。

返信が少し遅くても「今は忙しいんだな」くらいに思って気にしすぎないようにしましょう。

(3)最低でも1日1回は送る

「丸1日LINEが来なかった」ということで、寂しさや不安を感じる女性もいます。

そのような女性の場合は、最低でも1日1回はLINEを送ると、安心感を与えることができます。

どうしても忙しくて余裕がない時は、メッセージつきのスタンプなどを送るだけでもOKです。全く何も送らないよりかは、彼女を安心させることができます。

(4)深夜のLINEは控えめにする

付き合い始めの頃は話が盛り上がり、深夜までLINEをしてしまうこともあると思います。

しかし、深夜までのLINEは彼女の負担になりかねません。眠いのに返信をしてくれていたり、寝不足になったりしている可能性も。

あらかじめ「眠くなったら返信しないで寝る」「23時以降はLINEをしない」などのルールを2人で決めておくのも良いでしょう。

LINEの内容

LINEの内容を少し工夫することで、彼女がLINEを返しやすくなります。下記の項目をチェックしてみましょう。

(1)基本的には短文で送る

「LINEの文章の長さ=愛情の大きさ」ではありません。

短文の方が読みやすく返信しやすいので、基本的には短文で送るよう心掛けてください。

実際に会った時にしっかりとコミュニケーションを取れれば、日常のLINEは短文でも構いません。

(2)疑問系にして送る

質問形のメッセージを送ると、彼女は返信しやすくなります。会話の流れを作ってあげることで、コミュニケーションがスムーズになるでしょう。

例えば、「お疲れさま!」とだけ送るのではなく、「お疲れさま! 今日は仕事忙しかった?」と一言添えるだけで話題が広がりますし、相手への気遣いを伝えることもできます。

ただし、毎回疑問形で送られると終わりが見えず彼女を困らせてしまうかもしれないので、適度に取り入れるようにしましょう。

(3)たまに写真つきのLINEを送る

離れている時に写真つきのLINEが届くと、「サプライズ感」と「一手間加えてくれた特別感」が出ます。

「今日はここに来てるよ!」「さっき○○で見たこの景色がきれいだったよ!」といった、「自分の状況」や「景色の美しさ」などを写真に撮って送ってみましょう。

そうすることで、彼女を思う気持ちも伝えることができます。

(4)感謝の気持ちはこまめに送る

彼女とのデートの後や、彼女があなたのために何かをしてくれた時は、LINEでもこまめに感謝の気持ちを伝えましょう。

感謝の気持ちを伝えられて嫌な気持ちになる人はいないので、うれしいと思うことがあれば、どんどん彼女にその気持ちを伝えてください。

(5)ポジティブな内容を送る

急に暗い話や重たい内容のLINEが送られてきたら、彼女は戸惑ってしまうかもしれません。

彼女に真剣な悩みを聞いてほしい時は、電話で話せるか確認したり、直接会った時に話したりするようにすると良いでしょう。

次ページ:彼女に飽きられやすいNGなLINEの送り方

SHARE