お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

社内結婚、どう報告する? メリットやデメリットも解説

田中なお

社内の人と結婚することになったら、いつ・どのようなタイミングで上司に報告すれば良いのでしょうか?異動や退職の可能性も考えて、報告に踏み切れていない人もいると思います。そこで今回は、社内結婚の報告方法や、社内結婚のメリット・デメリットを解説します。

社内結婚を周りにずっと隠し続けるのは難しいもの。

しかし、周りからの視線や会社での立ち位置がどう変わるのか気になって、会社への報告に踏み切れていない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、社内結婚に関わるマナーや社内結婚をするメリット・デメリットについて解説します。

社内結婚の関門「結婚報告」の方法は?

社内の相手と結婚する場合は、周りの人への配慮が必要です。

特に結婚報告をする際は、失礼にならないようにマナーに注意しましょう。

結婚報告の手段

まず大前提のマナーとして、結婚報告をする際は直属の上司に対面で報告しましょう。

会社にとっても重要な話なので、結婚報告をメールでするのはNGです。

結婚報告のタイミング

結婚式の都合や今後の仕事のスケジュールもあるため、以下を目安に結婚報告の時期を決めましょう。

・結婚式に呼ばない場合は1カ月前までに

・結婚式に呼ぶ場合は3〜4カ月前までに

・退職する場合は3カ月前までに

社内の人を結婚式に招待する場合は、上司や友人として祝辞をお願いするケースもあるため、できるだけ早めに報告するのがマナーです。

結婚を機に退職する場合は、3カ月前までに報告が必要な会社もありますので、事前に規定を確認しておきましょう。

もう1つ大事なのが、結婚相手と報告のタイミングをそろえること。報告のタイミングがずれると、どちらかの上司から人づてに伝わってしまうこともあり得ます。

結婚のことは上司に対面で報告するのがベストなので、「上司に結婚を報告したらすでに人づてに知っていた」ということにならないよう、同じタイミングで報告することをおすすめします。

結婚報告の内容

上司に結婚報告をする際には、以下の内容について報告しましょう。

・会社の人を結婚式に招待するかどうか

・今後の働き方についての自分の考え

・(新婚旅行をする場合)休暇の希望

・(妊娠している場合)妊娠していること

今後の働き方や妊娠については、セクハラやパワハラを疑われることもあるため、上司の方からは聞きづらい内容です。

自分から報告することで、今後のことについて上司とスムーズに話し合うことができます。

次ページ:社内恋愛で結婚するメリット

SHARE