お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「お大事になさってください」の正しい使い方

Ricca

「お大事になさってください」という言葉は相手を気遣う表現として、ビジネスシーンで使える便利なフレーズです。今回は「お大事になさってください」の意味や使い方、そして類義表現などを詳しく解説します。

ビジネスシーンでよく耳にする「お大事になさってください」というフレーズ。みなさんは正しい意味や使い方をご存知でしょうか?

今回は「お大事になさってください」がどのようなシーンで使える表現なのかを徹底解説。誰に対して使える? 相手の家族を気遣う時は? 具体的な例文も一緒に紹介するので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

「お大事になさってください」の意味


「お大事になさってください」とは、体調や怪我などを心配して相手をいたわる気持ちを表現したフレーズです。

「〜なさってください」という表現は、「なさる」(「する」の尊敬語)と補助動詞「ください」を組み合わせたとても丁寧な表現。目上の人やビジネスの相手などの体調を気遣いたい時に使えるとても便利な言い回しです。

相手をねぎらう心や心配する気持ちをストレートに伝えられるため、ビジネスシーンでも頻繁に使われます。ぜひ使い方を押さえておきましょう!

身近な相手には「お大事に」でもOK!

また「お大事に」は、「お大事になさってください」を省略したフレーズ。「お大事になさってください」と比較すると、とてもカジュアルに聞こえるため、使うシーンや相手には使い分けが必要です。

軽度な風邪や軽いケガをした相手、また友人や同僚、家族など近しい関係の相手に対して使うのがポイントです。

次ページ:「お大事になさってください」が使えるシーン

SHARE