お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

エクセルで割り算をする方法は? 関数を使った応用術も紹介

上色ゆるり

割り算データの入力作業は手間が掛かって大変ですよね。エクセルの使い方をマスターしているという人は、多くはないでしょう。今回は、エクセルで簡単に割り算の値を出す方法を紹介します。切り上げ、切り捨て、四捨五入の設定や余り、商を表示するテクニックも覚えて、作業の効率化を図りましょう。

データを作成するのに便利なエクセル。仕事で毎日使っているという人も多いことでしょう。

そんなエクセルにはさまざまな活用テクニックがありますが、今回は、特に覚えておくと便利な割り算のやり方を紹介します。

いちいち電卓で計算する必要がなく、作業をもっとスピーディーに進められるようになるので、ぜひやり方を覚えておきましょう。

エクセルで割り算をする2つのやり方

エクセルで割り算をするには、主に2つの方法があります。

1つは、セルに割り算の式を直接入力して答えを出す方法で、もう1つは、入力済みのデータを使ってパソコンに計算させる方法です。

後者の方が応用が効き、実用性が高いのですが、セルに直接入力する基本的な方法も紹介します。エクセル初心者の方は、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

【計算方法その1】セルに直接入力する

ここでは、セルに割り算の式を直接入力して答えを出す方法を紹介します。

エクセルの割り算では記号「/」を使う

通常、割り算では「÷」という記号を使いますが、コンピューターでは文字として認識されてしまいます。計算式として認識させるためには、「/(半角スラッシュ)」を使います。

式の先頭に、「=(半角イコール)」をつけることを忘れないようにしましょう。

では、さっそく手順を紹介します。

(1)割り算の結果を反映させたいセルを、ダブルクリックします。

(2)「=数字/数字」と入力します。今回は例として、「10÷5」の計算をしたいので、「=10/5」と入力します。

 

(3)Enterキーを押すと、「10÷5」の答えである「2」が表示されていることが確認できます。

【計算方法その2】入力済みのセルを使って割り算を行う


次に、入力済みのデータを使ってパソコンに計算させる方法を紹介します。

(1)割り算を行いたい数字を、それぞれ別のセルに入力します。今回は「10÷5」を計算したいので、B4に「10」、C4に「5」と入力します。

(2)答えを表示させたいセルを、ダブルクリックで選択し、「=(半角イコール)」を入力します。

(3)割られる数が入力されているセルをクリックします。すると、(2)で選択したセルに、割られる数のセル名が自動で表示されます。

(4)「/(半角スラッシュ)」を入力し、次に割る数が入力されているセルをクリックします。すると、割る数のセル名が自動で表示されます。

(5)Enterキーを押すと、割り算された数値が表示されます。

このように、セルに割り算を設定すると、割る数、割られる数を変更しても自動で計算してくれるようになります。

今回の例でいうと、「B4」や「C4」のセルに他の数字を入力すると、「B4÷C4」の商が「D4」のセルに自動で表示されます。

割り算の設定を一度行えば、入力データを変更するだけで簡単に商を求めることができるので、売り上げデータ表や価格表など、何度も数値を変えて使う表を作成する時に便利です。ぜひやり方を覚えておきましょう。

セルを固定して計算する方法

続いて、割り算をしたい対象セルを固定する場合の計算方法を紹介します。

セルを固定して計算する場合、「絶対参照」の機能を使用しましょう。

下図のように、合計の売上高に占める各支店の割合を見たい場合は次のように計算します。

まずは「A支店」の割合を求めます。

C2セルに「=」と入力→「B2セル」選択→「B5セル」を選択して「F4」を押します。

こうすることで、割られる数を固定した状態で計算できます。

ドラッグしてコピーすることで、他の支店の割合を自動計算できます。

ちなみに「F4」を選択すると自動で「$」が付きますが、直接「$」を半角入力しても良いでしょう。

結果を%(パーセント)表示にする方法

導き出した割り算の結果を「%」で表示する方法は、以下の通りです。

セルの書式設定から行う場合

まずは、%にしたいセルの上で右クリック→「セルの書式設定」→「表示形式」タブから「パーセンテージ」を選択→「OK」

これで結果が%で表示されます。

ショートカットキーで行う場合

変換したいセルを選択した状態で、

Ctrl+Shift+5

を同時に押せば、%で表示されます。キーボードの「5」は「%」と同じキーなので、覚えやすいでしょう。

次ページ:関数を使った切り捨て・切り上げ・余り・四捨五入の設定方法

SHARE