お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

HIITは効果がない? 効果が感じられない原因6つ

山内佑太郎(キックボクサー/トレーナー)

HIITとは、短時間で体に高い負荷を掛けるトレーニング。しかし、やってみても変化を実感できず、「HIITには効果がない?」と感じる人がいる様子。今回は、パーソナルトレーナーの山内佑太郎さん監修で、HIITに効果がないと感じる原因と対策を解説します。

「HIIT(ヒット/ヒート)」は、短時間で体に高い負荷を掛けるトレーニング方法。持久力の向上、脂肪燃焼効果などが期待でき、ダイエットや健康維持を目的に取り入れている人が多い話題のトレーニングです。

しかし、HIITを実践している人の中には「効果を実感できない」という声があります。

HIITに効果を実感できない人がいるのはなぜでしょうか? 今回は、HIITに効果がないと感じる原因と対策を詳しく解説します。

HIITとはどんなトレーニング?

HIIT(ヒット/ヒート)とは、「High Intensity Interval Training(高強度インターバルトレーニング)」の略称で、高負荷の運動とインターバル(小休憩)をそれぞれ短時間で繰り返すトレーニング方法です。

トレーニングの内容に決まりはなく、掛ける負荷、トレーニング時間、インターバル時間、セット回数を自由に組み合わせて設定します。

人気のある時間設定は、運動が20秒、休憩10秒を1セットとし、合計8セット(30秒×8セット=4分)というものです。ルールは特にないため、目的や体力によって運動の時間を長くしたり、セット数を増やしたりと適宜調節が可能です。

短い時間でも効率的に運動ができるHIIT。仕事、家事などに忙しい人を中心に、ダイエットや健康維持の目的で注目されています。

次ページ:HIITに効果がないと感じる原因6つ

SHARE