お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「憧れの女性」の人物像とは? すてきな女性の共通点

高見綾(心理カウンセラー)

あなたには、「憧れの女性」はいますか? 憧れる要素は人それぞれですが、憧れの芸能人や先輩にはどんな共有点があるのでしょうか。この記事では、心理カウンセラーの高見綾さんに「憧れの女性」の特徴について教えてもらいます。

周りから一目置かれるような「憧れの女性」には、どういった特徴があるのでしょうか。

今回は、そういった女性の行動や考え方などについて、共通する特徴を紹介します。

また、周囲から憧れられる人になるためにできることについても解説しますので、参考にしてみてください。

そもそも「憧れの女性」とはどういう存在?

まずは、「憧れの女性」がどんな存在なのかについて見ていきましょう。

「憧れ」は前に進む原動力になる

私たちは、「自分に足りていないと思っているもの」かつ「自分が欲しいもの」を持っている相手に魅力を感じ、憧れます。

「憧れ」の要素には、自分への自信のなさが隠れているのです。

ただし、憧れるということは前向きなニュアンスを持つので、自分が進んで行きたい方向性を見せてくれるものでもあります。

「憧れの女性」の存在は、日々の生活にハリが出るだけではなく、目標や方向性を明確に示してくれ、前に進むための原動力になってくれるでしょう。

憧れられる女性は「その人らしい魅力が発揮されている人」

多くの人が思う「憧れの女性」は、外見的にも内面的にも輝いていて、いつも周りに人が集まってくる人というイメージがありますよね。

その人らしい魅力が発揮されている人は、男女問わず人気があるものです。

例えば、芸能人の「憧れの女性ランキング」を見ると、年齢や生き方はさまざまですが、芯がありながらもその人らしさを感じさせる要素を持っている人が多くランクインしているように思います。

私の周りには、子どもを持つお母さんで、誰にでも母のように温かな眼差しを向ける人気の先輩がいます。

また、独身で仕事をバリバリこなし、カッコよさと美しさを兼ね備えたカリスマ性のある女性もいます。

どちらもタイプは違いますが、大人の余裕や精神的な成熟を感じる女性たちです。

近くにいると、安心して温かい気持ちになれたり、刺激をもらって前向きになれたりするので、こういった人たちが人から憧れられる女性なのだと思います。

次ページ:周りから憧れられる女性の特徴は?

SHARE