お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Gmailアカウントを削除したい! 手順とやっておきたい準備

ほし ななこ

不要なGmailアカウントの削除方法をパソコンとスマホに分けて紹介します。間違えて削除してしまった時の復元方法はある? GoogleアカウントではなくGmailアカウントだけを削除する方法を解説しながら、よくある疑問に答えていきます。

簡単に作ることができ便利なGmailのアカウントですが、ついつい作りすぎてしまい、気づくとアカウントがたくさんに! そろそろGmailのアカウントを整理したいとお考えではありませんか。

Gmailのアカウントは簡単に削除できます。でもGmailアカウントとGoogleアカウントの違いなど、よく分からないことも多いですよね。

間違えて大切な情報を削除してしまっては大変です。この記事では、Gmailのアカウントを削除する方法を丁寧に解説していきます。削除前にやること、削除した後の復元方法なども併せて紹介するので参考にしてみてください。

Gmailアカウントを削除する前にしておくこと

まず初めに、Gmailのアカウントを削除する前にしておくことを説明します。Gmailを削除してから後悔することがないよう、必要に応じて削除前にこれらのことをやっておきましょう。

バックアップをとっておく

Gmailのアカウントを削除する前に、まずはバックアップをとっておくと安心です。ここでは、パソコンでGoogle Chromeを利用した場合のバックアップのとり方を説明します。

バックアップをとりたいデータ量が多い場合には、かなり時間がかかることもあるので、時間に余裕のある時に行いましょう。なお、スマートフォンでも同じ操作方法で、バックアップがとれます。

それでは早速始めていきましょう。

(1)Google ChromeでGmailの画面を開き、アカウント管理に進みます。

(2)Gmail画面の右上にある、アカウントのマークをクリックしましょう。

(3)メニューが開くので「Googleアカウントを管理」をクリックします。

(4)画面左の「データとカスタマイズ」を選び、「データをダウンロード」をクリックします。

(5)「すべて選択」をクリックすると、あらかじめついている選択がすべて解除されて、下記のような画面になります。

(6)そのまま下へスクロールし、「メール」の項目まで飛んだら、右側のチェック欄にレ点を入れます。

(7)すると「複数の形式」と「メールのすべてのデータが含まれます」が選択できるようになるので、どちらかを選びます(※今回は例として「メールのすべてのデータが含まれます」を選択)。

(8)エクスポートしたいラベルが選べるようになるので、必要な項目にレ点を入れましょう。完了したら、右下の「OK」をクリックします。

(9)「次のステップ」をクリックします。

(10)「エクスポートを作成」をクリックすると、ダウンロードが開始します。ダウンロードが完了するまで待ちましょう。

これでバックアップは完了です。

メールアドレスとパスワードは控えておく

Gmailのアカウントを削除する前に、必ずメールアドレスとパスワードを控えておきましょう。もしも後から復元したい場合には、これらが必要になります。

次ページ:Gmailアカウントを削除する方法

SHARE