お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「塩梅」の意味とは? 語源や正しい使い方を解説

小坂井さと子

【例文あり】「塩梅」の使い方

「塩梅」は広く使える言葉で、以下を表す時に使うことができます。

・味加減

・物事の具合や空模様

・体調

・うまく調整すること

各々の詳しい使い方については下記です。

(1)味加減

「料理の味加減」という意味で「塩梅」を使うことができます。

例文

・この煮物はちょうどいい塩梅に仕上がっていますね

(2)物事の具合

料理ばかりでなく、幅広い物事の具合や調子、様子をいう時にも使うことができます。特に、空模様や気候のことを話題にする場合でよく使われる表現です。

例文

・実験はいい塩梅に進んでいる

・舞台照明の塩梅に気を配る

・お天気の塩梅が良くないようなので、傘をお持ちになってください

・暖かくなっていい塩梅になりましたね

(3)体調

「塩梅」で体の具合を伝えることもできます。

例文

・おばあちゃん、最近はどんな塩梅

・足の塩梅がだいぶ良くなってきたから、また散歩に行こうと思っている

(4)うまく調整すること

仕事の段取りを整えたり、調整したり、材料を整えたりする時に使うこともあります。この場合は「塩梅」のほかに「按排」「按配」「案配」なども使われます。

例文

・材料を塩梅して、作業に入ろう

・みんなの都合を聞いて、スケジュールを塩梅してもらえないか

次ページ:「塩梅」の類義語

SHARE