お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ステータス」とは? 意味や使い方、類語を詳しく解説

kirara

「ステータス」とは、会議や打ち合わせで使うことの多い言葉です。「ステータスを確認して」と言われることがありますが、ステータスとは何を指しているのでしょうか? 今回は、「ステータス」の意味や使い方を解説します。

さまざまな場面で耳にする「ステータス」という言葉。

その意味を正しく理解できていますか?周りが使っているから、何となく自分も使っているという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、「ステータス」の言葉の意味や使い方、「ステータス」を使用した表現など、使いこなすための情報を解説していきます。

「ステータス」が持つ2つの意味と使い方

「ステータス」は、主に2つの意味で使われています。

ここでは、それぞれの意味の違いを例文を用いて解説していきます。

意味その1:「社会的な地位や身分」

ビジネスシーンでよく使われるのが、「社会的な地位や身分」という意味です。

職業上の地位や収入の高い人などに対して「ステータスが高い」と表現されることがあります。

例文

・ここは各国の要人や企業のトップなど、ステータスの高い人がよく訪れるホテルだ。

意味その2:「何かの状態」を表す

「ステータス」のもう1つの意味は、「何かの状態」を表します。

例えば、ゲームでキャラクターの性能が表示されている画面を「ステータス画面」、動作中のコンピュータの状態をそのまま「ステータス」と表現します。

また、予約状況や配送状況のことを「ステータス」と表すこともあります。

例文

・このソフトウェアのステータスが、なかなか完了にならない。

・すぐに荷物を受け取れるように、配送ステータスを確認しておく。

次ページ:「ステータス」を使う時のポイント

SHARE