お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「言い訳が多い人」の特徴5つ

きくかお(WEBライター)

言い訳が多い人にはどのような特徴があるのでしょうか。ライターのきくかおさんと考えてみました。

あなたのまわりに「でも」「だって」ばかりの言い訳が多い人はいますか? 自分の身を守るための言い訳ばかりする人と一緒に話していると疲れてきますよね。言い訳する人は、どうして言い訳ばかりしてしまうのでしょうか。今回は言い訳の多い人の特徴をご紹介します。

(1)怒られるのが嫌い

言い訳の多い人は、プライドが高く、とにかく怒られるのが嫌いです。怒られることで自分のプライドを傷つけられたくないのです。そのため、怒られそうになったら言い訳をして責任転嫁をしようとします。瞬時に言い訳を考えられるということは、前向きに捉えれば、頭の回転が良いとも言えます。

(2)周囲の状況をよく見ている

言い訳が多い人は、周囲の状況や変化を察知するのが得意。他人のこともよく見ています。「あの人もそうだった」、「この人だってやっていた」と周囲の人を巻き込んで言い訳をすることが出来るのです。

(3)自分の評価を気にする

言い訳の多い人は、自分の評価ばかり気にします。自分の評価が下がるような事態は絶対に避けたいので、言い訳をすることで自分の地位を守ろうとします。言い訳が多いのは気になりますが、評価を気にする分、仕事はしっかり行ってくれます。

(4)間違いを認めない

言い訳が多い人は、自分の非を認めようとしません。自分に間違いがあったとしても、言い訳をすることで責任から逃れようとします。その分、ミスをしないよう細心の注意を払って作業をします。

(5)素直に謝らない

言い訳の多い人は、自分が100パーセント間違っていたとしても、素直に謝りません。謝ったとしても何か一言、言い訳をしてから謝罪を述べます。本心は「悪いな」と思っていても、言い訳をすることで弱い心を守ろうとしているのです。

言い訳の多い人を責めても変わりません

言い訳の多い人を頭ごなしに怒ったり、注意をしても、全く心に響かないのでやめましょう。言い訳を聞いているのは嫌な気持ちになりますが、途中でさえぎって正論を突きつけると、ますます言い訳をするので、まずは言い訳の多い人の話を一旦受け止め、認めてあげましょう。そうすることで言い訳の多い人も話を聞く態勢ができるので、落ち着いて話し合いをすることができます。

(きくかお)

※画像はイメージです

※この記事は2021年06月17日に公開されたものです

きくかお(WEBライター)

結婚後、3人の子供の出産を経て、ライターに。
ファッション、恋愛、ライフスタイルの記事を中心に執筆。
母、妻、そして1人の女性という3つの異なる立場を持つ強みを生かし、恋愛というかわいくて憎らしいモンスターに切り込んでいく。
この著者の記事一覧 

SHARE