お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「協力的な人」の特徴5つ

きくかお(WEBライター)

協力的な人にはどのような特徴があるのでしょうか? ライターのきくかおさんと考えてみました

会社や集団生活の中で、人と人が助け合うことは、とても大切です。協力的な人がひとりいてくれるだけで、物事は進みやすくなり、場の雰囲気も良くなります。今回は協力的な人の特徴をご紹介します。

(1)余裕がある

協力的な人は、心にも時間にも余裕があります。余裕がないと自分のことばかり意識がいってしまい、周囲の状況にまで目がいきません。余裕があるので、周りの状況を冷静に見て「何かお手伝いしましょうか?」「何か困ってる?」という声かけをすることができるのです。

(2)相手の立場に立って物事を見る

協力的な人は、相手の立場に立って物事を見ることができます。そのため、相手が今どのような状況かを理解しており、的確な声かけをすることができるのです。職場にこのようなタイプの人がいると、頼りがいがあるので、安心して仕事を進められます。

(3)人の喜びは自分の喜び

協力的な人は、人が喜ぶことが自分の喜びに繋がっていることが多いです。そのため、人への協力を惜しむことがありません。人を助けて、相手に喜ばれることが自分のモチベーションにも繋がっているのです。

(4)人と感情を共有するのが好き

人に協力するということは、喜びや悲しみなども一緒に共有することになります。それが、物事を共に成し遂げたときの達成感や絆に繋がるのです。協力的な人は周囲からも信頼され、常に人が集まってきます。

(5)積極的にコミュニケーションを取る

協力的な人は、コミュニケーションを取ることを大切にしています。コミュニケーションを取ることで、自分の周りの人たちが今、何が必要か、何を求めているのかが明確になります。相手が必要としていることに対し快く協力してくれるので、感謝されるのです。

協力的な人の周りには人が集まる

周りの人をよく見て、人の助けとなることをする協力的な人は、男女問わず魅力的です。好印象を持たれることが多いので、自然と人が集まってきます。助けてもらって嫌な気持ちになる人はいません。まずは、周囲の人とコミュニケーションを取って、自分に何かできることはないかと考え、それを行動に移してみましょう。

 

(きくかお)

※画像はイメージです

※この記事は2021年06月16日に公開されたものです

きくかお(WEBライター)

結婚後、3人の子供の出産を経て、ライターに。
ファッション、恋愛、ライフスタイルの記事を中心に執筆。
母、妻、そして1人の女性という3つの異なる立場を持つ強みを生かし、恋愛というかわいくて憎らしいモンスターに切り込んでいく。
この著者の記事一覧 

SHARE