お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「アンバサダー」とは? 「〇〇アンバサダー」の意味について簡単解説

小坂井さと子

好きなブランドが「アンバサダー募集」をしていたら興味を惹かれますよね。でもアンバサダーって何をする人なのでしょうか? また、アンバサダーホテルとはどういうものなのでしょう? ビジネス翻訳の小坂井さと子さんに「アンバサダー」の意味を解説してもらいます。

アンバサダーとは本来「大使」という意味の英単語です。でも今日では「大使」という意味以外で使われているケースが増えています。

テレビや雑誌で「〇〇アンバサダー」を紹介する記事や、Instagramで「アンバサダー募集」の投稿を見たことがある人もいるでしょう。

近ごろ話題になることの多い「アンバサダー」について、その意味やなぜ注目されているかを紹介します。

「アンバサダー」の意味を知ろう

アンバサダーは英語のambassadorに由来しています。まずはambassadorの意味を押さえておきましょう。

「アンバサダー」の意味は?

ambassadorは以下のような意味を持つ単語です。

ambassador(アンバサダー)

1.(…駐在の)大使
2.(公式または非公式の)使節; 代表
(『新英和中辞典』)

ambassador to Japan(駐日大使)のように公職を指す場合もありますが、peace ambassador(平和大使) のように、代表と認められた非公式な役職を指す場合もあります。

ビジネスシーンでのambassadorとは、「代表」や「公式の代理人」という意味が転用され、使われたものです。

アンバサダー

[補説]日本では、自治体・機関・企業などから起用されて広報活動を行う人、またはイメージキャラクターのことを指して用いられることが多い。
(『デジタル大辞泉』)

最近、よく耳にする「〇〇アンバサダー」の多くは、企業やブランドのPR活動をしている人を指すようです。もう少し細かく「アンバサダー」を使った言葉を見てみましょう。

次ページ:「アンバサダー」を使った言葉

SHARE