お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自然消滅はなぜ起こる? 自然消滅を望む人の心理と対策

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

自然消滅の理由とは?

では、何が自然消滅を招くのでしょうか?

カップルによってもさまざまな理由があると思いますが、ここではいくつかピックアップして説明します。

(1)遠距離恋愛になったから

恋人が遠方に転勤になったり、自分が地元に戻ったり、2人の間に物理的な距離ができてしまうと、必然的に会う回数も減ります。

相手の状況が見えないので、気軽に「電話しよう」「会おう」と言いづらい雰囲気を感じてしまうこともあるでしょう。その結果、だんだんと疎遠になっていき、いつの間にか自然消滅となってしまうことも。

(2)他に好きな人ができたから

付き合っている恋人がいるけれど、他の異性を好きになってしまった。

そちらに夢中になると恋人へ意識を向けなくなり、連絡しようという気持ちや会おうとする気力も薄くなります。

あえて接触頻度を減らすことで恋人との距離を置いていき、その結果、自然消滅となってしまうケースもあります。

(3)仕事やプライベートが忙しいから

新しい部署に配属になったり、昇進して以前より業務が増えたり、新しい趣味を始めてプライベートが忙しくなったりなど。

仕事や趣味に没頭するあまり恋人に割く時間がなくなり、連絡や会う機会が自然と減り、距離ができていくパターンです。

(4)喧嘩をして怒っているから

喧嘩の原因が相手にあると思っている、また傷つけられて怒っているような時は、連絡をする気が起きないですよね。

連絡をしない・相手からも来ないうちに、互いに愛情が冷めてそれっきりになることも。

(5)我慢できなくなったから

恋人に不満があってそれを我慢していたけれど、つい限界を突破してしまい音信不通となるパターンも。

連絡を断つことが別れたい気持ちのアピールであり、そのまま自然消滅へ持っていきたいのですね。

(6)自分から別れてほしいと言えないから

恋人と別れたいけれど、自分から切り出す勇気がないから言えない。

連絡をしなければそのまま関係も終わるだろうと思い、あえて音信不通になって相手を遠ざけるケースもあります。

次ページ:自然消滅を望む人の心理

SHARE